FC2ブログ

PCX150にハンドルカバーをつけてみた(PCX150)

  • 2019-01-23 21:59:08 (Wed)
  • カテゴリ:バイク
さて今回は冬の防寒対策としてハンドルカバーをつけたおはなしです
すでにロングシールドを装備し、体への寒風があたらないよう対策しておりますが
なんといっても我慢できないのは手の冷たさです

手の冷たさ対策で思いつくものは
1.グリップウォーマー
2.ナックルガード
3.レバーをカバーするスポンジ
4.ハンドルカバー

1のグリップウォーマーって、実はあんまり対策になりません
というのも、R1200STには標準でついているので実証済ですが
手のひらは「熱い」ほど暖かいのですが、指先は凍えます

2のナックルガードはほとんど効果がありません
というのも、HyperMotardには標準でついていますが
手は全部寒い!(笑)

3のレバーをカバーするスポンジですが
ブレーキレバーなどに筒状のスポンジをつけて、金属放熱から指の冷たさを防ぐ意図のもの
すでに購入済なのですが、σ(゚∀゚)ワタシのぶっといナニではうまく入らない...
じゃなくて、指先の冷たさとこのスポンジの狙う(第2関節あたり)部位が違うキガスなので実験前にNG

最後に残った4のハンドルカバー
これ、一押しです
過去記事ですでに報告済ですが、HyperMotardのナックルガードに百均の保冷バックをつけた結果
真冬の雨の日でも、皮手袋1枚でOKなほど
なにせ、保冷バックですので、防水性も完璧!

そんなこんなで、今回のPCXハンドル回りの防寒対策プランは
ナックルガードを買って百均の保冷バックをつけてみよう!に決まりました

写真1
ハンドルカバー000
が、
Amazonで購入した中華製ナックルガードお値段送料込みで900円(到着まで3週間もかかった)
をPCXにあてがってみましたが、絶対取り付けできないこととなりました

完全にロングシールドに干渉します
ハンドルロックできません
あわよくば取付ステーを自作し行けるのではと期待して購入しましたが、どうやってもo(゜Д゜;)っ”ムーリ!

どうにもならないまま時間だけが過ぎていき迎えた正月明けのとある休みの日に
Napsに出かけたらハンドルカバーのワゴンセール!
運命の出会いです

ハンドルカバーにありがちな、手を入れる開口部が絞り込まれていない
さらに、開口部によけいな(手袋の手首みたいな毛糸のもじゃもじゃ)がついていない
これだけで買い!です

この手のありがちなハンドルカバーって
使ってみればわかるのですが、とにかく手が入らない
入ったと思ったら、もじゃもじゃごとハンドルをつかんでしまって、レバーが握れないこと100%

冬はヘルメットのシールドが曇るのでシールドの開け閉めはしょっちゅうのこと
そのたびに、うまくハンドルが握れないハンドルカバーなんて、絶対に使いたくない
という思いがありましたが、このワゴンセールの品は、これがありませんでした

写真2
ハンドルカバー001
ハンドルを右一杯に切ったところ

写真3
ハンドルカバー002
ハンドルは左一杯に切ったところ
どうでしょう、完璧なデザイン
あたかも、ハンドルカバーとロングシールドが一体的にデザインされたがのごとくです

写真4
ハンドルカバー003
ただし、この商品にも内側の防風対策素材がついていましたので、ちょっとだけ改造
ゴムで絞り込んだ防風幕は邪魔でしかありませんので、ゴムの部分をはさみでカット
(実際、この施工をする前は、幕ごとハンドルを握り、レバーに指がかかりませんでした)

写真5
ハンドルカバー004
あまった防風幕はホチキスで固定
完璧です!

ちなみにこの商品
ワゴンセールで、たしか3千円もしなかったと思います
まだ、雨天の走行をしていませんが、おそらく雨天でも防水性能はありそうです

また、写真にはありませんが、ハンドルカバー下面には、ハトメつきの穴が開いていますので
万一雨がそそいでも、カバーの中が浸水することはなさそうです

こらーいい買い物だったwww
皆様にもおすすめの一点です

ちな、購入したが使えなかった中華ナックルガードはR1200STに取付予定
何事も無駄にしない、ピラニアのようなσ(゚∀゚)ワタシです
( ̄ー ̄)/~~ジャ
スポンサーサイト

PCX150にリアボックスをつけてみたその2(PCX150)

  • 2019-01-19 17:33:14 (Sat)
  • カテゴリ:バイク
さて前回は
CX150にリアボックスをつけてみた(PCX150)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1224.html
にて、ベースプレートの取り付けまでを報告しました

今回は...
はい、リアボックスをセットするだけです

でもその前に

σ(゚∀゚)ワタシが今回一番悩んだこと
それは、リアボックスの大きさでした

以前のAddressV125Gには、スズキ純正(実はGIVI)の30Lのボックスがついていたのですが
小さい車体ですから、あれ以上大きなボックスではバランスが悪い
かといって、σ(゚∀゚)ワタシの大好きな日本酒の一升瓶が1本入るかどうか

今回はPCX150ですので、もう少し大きなサイズのリアボックスでも行けるのでは?とは思っていましたが
実際に車体に設置された状態を見ない限り微妙なバランスのイメージがわかない

販売店に「ひも」を持ち込んで長さをつかみ
駐車場のPCX150で大きさを再現してみても、なんだかなぁ状態

そこでついに、買い物先見かけた37Lサイズのボックスをつけた実車を確認
「いける、これなら大丈夫」と判断し密林でぽちったのです

写真1
PCXリアボックス008
なんだかすごく「でかい」ように見えますが気のせいです(笑)
おそらく、スマホのカメラの広角レンズ特性により、中心が大きく見えるだけです
(リアボックスが車体後方に突き出ているので、距離が近いという理由もあります)
みなさんもよくやるでしょ、集合写真で中央に立つと顔がでかく映るから、端っこに立つって...

写真2
PCXリアボックス009
ほら、正面から見ればこんなにスマート

写真3
PCXリアボックス010
リアキャリアが薄型である特性もあり
斜め後ろからだとこんなにすっきり見えます

写真4
PCXリアボックス011
それでいて容量は37リットルの大容量
日本酒の一升瓶も楽勝です

写真5
PCXリアボックス012
モノロックキーの意味を知らずに買ったのですが
キーが必要なのは開けるときだけ
乗用車のトランクと同じで、開けるときだけ鍵を回さないと、オープン用のプッシュボタン(キーの上の赤いボタン)が押せません

蓋を締めるときは自動的にロックされるので、鍵が刺さっている必要はありません
このことはむしろ「鍵をボックスの中に入れたまま蓋を締める」(インロック)という失敗を招きかねません
リアボックスの鍵は、頻繁に使うものではありませんので何等かの工夫があったほうがいいですね

σ(゚∀゚)ワタシの場合、増設メットホルダー、予備キー、リアボックスキーをひとまとめにして
コイル形状のシリコンキーチェーン(普段30センチぐらいで、1メートルまで伸びるやつ)にまとめ
ウエストバックのコインホルダー(ETCついてるのでコインって使わないから)にしまっています

ついでを言うと、メインキーはスマートキーなので、全く出し入れの必要がないから
ボタンの部分をくりぬいた段ボール巻きにして、ウエストバックの奥底に沈んでいます

さて、今回の記事にて、PCX150初期導入に伴う必要最低限なカスタムは終了しました
今回は、前回のAddressV125Gのような魔改造をするつもりはありませんので
駆動系や機関系のいじりは予定していません

でも、ちょっとだけ気になっているのは、ハイスロ化です
アクセル全開には握りなおしが必要なのはちょっとなぁと思っています
でも、それに優先して必要なのは冬対策

すでに、実施済ですが、次回はハンドル回りの冬対策を考えてみます
( ̄ー ̄)/~~ジャ

PCX150にリアボックスをつけてみた(PCX150)

  • 2019-01-15 17:31:26 (Tue)
  • カテゴリ:バイク
さて前回は
PCX150にリアキャリアをつけてみたその3(PCX150)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1223.html
にて、R-SPACEのリアキャリアの取り付けをしたところです。

今回はその続きでリアボックスをつけていきます

写真1
PCXリアボックス001
GIVI(ジビ)【イタリアブランド】 モノロックケース(トップケース/リアボックス) パールホワイト 汎用ベース付き 37L B37B912 78036 高性能&スタイリッシュデザイン
お値段送料込みで約21,000円

37リットルの大容量により、多い日も安心!
というか、大好きな日本酒の一升瓶が入るかという基準で選んだらこうなりました

写真2
PCXリアボックス002
ベースプレートを置いて仮組したところ...
付属してきたボルトでは長すぎることが判明

R-SpaceのリアキャリアにはGIVIに付属してきた波板は使いません
波板は自転車の荷台のような構造のリアキャリアに骨の部分を挟むために使うもの
当然骨の太さ分だけボルトが長くなります

写真3
PCXリアボックス003
並べてみたのはいずれもM6
20mm,25mm,30mm
ナイロンナットは緩み止めになっています

写真4
PCXリアボックス004
GIVIのベースプレートは4か所のボルトでリアキャリアに固定します
このうち、前側の2か所は、指がやっと入るかどうかという狭さなのでレンチにひと工夫。
養生テープで抑えただけで格段に作業がはかどりました。

写真5
PCXリアボックス005
GIVIのベースプレート設置にもひと工夫
写真のように、ボルトを通す「コマ」が4つあるのですが
このコマの溝の向きをいろいろ変えてみて、収まりがいいパターンを見つけます

写真6
PCXリアボックス006
固定に使ったのは同梱されてきたM6-30mmより10mm短いM6-20mm
本当はボルトの先端部分が出ていないといけないのですが(笑)

写真7
PCXリアボックス007
GIVIのベースプレートにカバーをはめ込んで2か所のネジで固定します
小さな皿木ネジなので、一般のドライバーでは回せません
精密ドライバーをご用意ください

以上、準備が整っていれば10分程度の作業で終了です

さて、次回は、リアボックスをのせてみた外観について報告します

( ̄ー ̄)/~~ジャ

PCX150にリアキャリアをつけてみたその3(PCX150)

  • 2019-01-14 20:13:27 (Mon)
  • カテゴリ:バイク
さて前回は
PCX150にリアキャリアをつけてみたその2(PCX150)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1222.html
にてキャリア接地スペースの目隠しパネルを設置しようとして失敗したところまで書きました

酔っぱらって手順を間違えたという
大人の事情でした

今回はいよいいよリアキャリアの取り付けです

写真1
PCXリアキャリア001
σ(゚∀゚)ワタシ、パーツや電化製品を買ったときに必ず梱包部品に欠品がないか見る人です
今回届いたR-SPACEのPCX用リアキャリアも、届いてすぐに内容を確認しました
したっけ、スペーサーが入っていない!

写真2
PCXリアキャリア002
取説には、カラー(長いやつ)をのせ、さらにスペーサーをのせろとあります

写真3
PCXリアキャリア003
何度みてもスペーサーはありません

写真4
PCXリアキャリア004
で、仮にカラーだけをのせてみたら....
取説の写真と同じ高さを確保できています
この状態でリアキャリアを仮組しましたがどこにも干渉しません

ここで、ひとつの仮説をたてました
カラーの寸法を変更し、スペーサーが不要になったが、取説の更新をしていないのでは?

取説には問い合わせ先がありません<なんかそれだけでブラックなメーカーをイメージしてしまいます

「R-Space 電話番号」で検索したら、楽天の店舗がヒットしました
σ(゚∀゚)ワタシはAmazonで買ったのですが、しれっと楽天のネットショップに電話

「R-SpaceのPCX用リアキャリアを購入したのですが、取説にあるスペーサーが同梱されていませんでした」
楽天のショップで買ったとは一言も言っていませんし、事実のみを述べました
確認しますと2分ほど保留があって、予想通り

すでにカラーの長さを延長し、スペーサーが不要になった製品を販売していますが、取説の更新ができていませんでした
と、予想通りの答えでした

写真5
PCXリアキャリア006
で、完成形がこれ
取付には4か所の六角ボルトで固定するのですが
後ろ側のボルトはリアキャリアの天板に開いた穴を経由して締め付けることになります

このとき、六角レンチの短辺では天板の高さが邪魔して届きません
特殊工具の「ロングビット」などを持っていれば問題解決なんですが
σ(゚∀゚)ワタシの場合、多用途のL字形ドライバービットレンチで六角レンチをつぎ足しで締め上げました

加えて、事後に気が付いたのですが
リアキャリアは今後つけたり外したりする予定がないことから
できればねじロック剤なども利用したほうがいいかもしれません

ねじロック剤の是非については
次回ご報告予定の、リアボックス装着時に気が付きました

それでは次回
PCX150にリアボックスをつけてみた(PCX150)
にご期待ください

( ̄ー ̄)/~~ジャ

PCX150にリアキャリアをつけてみたその2(PCX150)

  • 2019-01-03 01:26:10 (Thu)
  • カテゴリ:バイク
さて前回は
PCX150にリアキャリアをつけてみたその1(PCX150)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1221.html
にて、リアキャリアを取り付けるグラブレールカバーのパネルを取り外す手順について書きました

写真1
PCXリアキャリア001
リアキャリアを取り付けるカラーを置いてみました
カラーは2種類。前方に短いカラー、後方に長いカラーを使い、キャリアを前傾させて取り付けるそうです
ところで、いくらキャリアで見えなくなるとはいえ、なんかさみしい風景です

写真2
PCXリアキャリア002
オリジナルのパネルをつくることにしました
型紙をおこして

写真3
PCXリアキャリア003
百均で買ってきた下敷き(PVC)にはり
カッターで外周をひっかいていきます
この素材は折り曲げると簡単に割れますので、カッターで切るのではなく、傷をつけて折りとる算段です

写真4
PCXリアキャリア004
余分な部分は、写真のように本体部分から外周に向かって切り込みをいれ
外周部分でこの切り込みを上下に引き裂くと簡単に割れてくれます
割れた部分を型紙の外周を手で押さえ(保護)ながら、上下に揉むと簡単に型どおりに割れてくれます

直線部分はいっきに割りとっても問題ありませんが、カーブの部分は折りとる幅をせまくしてください
さらにカーブがきついところは、同様の作業を折り取った部位の中で繰り返すとよいでしょう

写真5
PCXリアキャリア005
仕上げはホームセンターで購入(大枚680円)した外装用シールです
百均で下敷きを買うときにカーボン調シールを手に取ったのですが
ボディーのパールホワイトにちかいものを求めて高級品を購入しました

写真6
PCXリアキャリア006
切り出した下敷きに合わせてシールを切り出し
外周の折り返し部分に切れ目を入れていきます
写真では折り返し幅を短くしていますが、正直、カーブのきついところは折り返し幅をもっと長く
放射状の切り込みは間隔をせまくしないと、シールの素材自身に腰があってうまく仕上がりません

写真7
PCXリアキャリア007
どうでしょう!
本物そっくり

写真8
PCXリアキャリア008
痛恨の失敗でこんなんなりました
本来なら下敷きにシールを貼る前にリアキャリアのカラーを通す穴を加工すべきでしたが
酔っぱらった勢いで先にシールを貼ってしまったのです

構想ではドリルで穴をあけ、外周と同じように折り取る予定でしたが
シールを貼ってしまって、作業性が著しく悪く、穴の外周もカーブがきついことから
この方法ではうまくいきませんでした

私は試しませんでしたが、はんだごてなどで穴の外周を溶かしてしまうのもいい手かもしれません

取付は厚めの両面テープで張り付けておわりです

さて、次回はいよいよR-SPASEのリアキャリアを取り付けていきます

( ̄ー ̄)/~~ジャ
おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する