FC2ブログ

PCX150(KF30)ABSのブレーキパッドを交換してみた

  • 2019-10-28 22:30:32 (Mon)
  • カテゴリ:バイク
前に乗っていたAddressV12Gは、ボアアップ+タケコンで無理をしていたこともあって
ありとあらゆる消耗品が超短期間に摩耗するという宿命を背負っていたこともあり
現在乗っているPCXがあまりにもメンテナンスフリーで、むしろつまらないww

そんな、毎日通勤で60キロを走るPCXで、仕事を終えて帰ろうとしたある日
「フロントまわりからなんだかシューシューいう音がする!」ことに気が付きました

帰宅時刻ですので、すでに日も暮れ、あたりは真っ暗で何も見えません
こういうときに役に立つのが、ウエストバックに忍ばせておいたLEDヘッドランプ
取り出してフロント周りを確認すると...

「パッドが無くなっていて、おっぱいぺったん娘!」
じゃなくて、ブレーキパッドが、どこにも見当たりません!
バックプレートはあるのですが、パッドがないんです

今朝まで普通に走れていたのにどういうこと?
とも思いましたが、パッドが完全に摩耗して、バックプレートがディスクにあたった音が
先ほどのシューシューいう音であることは確実です

帰宅途中ですので、路上放置も考えましたが
今回は、ノーブラじゃなくて、ノーブレーキで帰りました

〇交換用パッドはなににする?
有名どころでは、赤とか金のパッドなんでしょうけれど
ブレーキが貧弱で苦労したAddressで、絶大な効果があったベスラのレジンパッドにしました

ベスラのHPにも書いてあることですが
レジンパッドはメタルに比べて雨に弱いとか耐久性が劣るとあります
しかし、これは装着するバイクにより大きく異なると考えます

Addressでの経験でいえば、晴天時ではメタル、レジンとも差がないが
雨天時のブレーキングではレジンパッドに軍配があがります

具体的には、メタルパッドでは、信号待ちの車列にあわせて停止しようとしたときに
最後の数メートルで、ヌルヌルととまらない、ブレーキをガチ握りしてもとまらない
レジンパッドではこれが劇的に改善された経験があります

一方、レジンパッドで晴天時にハードブレーキをかけると
いかにもパッドが削れていますといった「シュー」という音がします

「耐久性が劣る」?いいんじゃないですか、パッドがディスクに食いついてこそなんぼのもんです
減ったら交換すればいいんですから(笑)

〇交換手順
詳しい手順は他のサイトでもたくさん出てきますので、簡単に写真で紹介するにとどめます

写真1
PCX150ブレーキパッド交換001
まず、写真赤丸のパッドピンを緩めておきます
つぎに、緑丸のキャリパー固定ボルトを抜きます
写真には写っていませんが、この上のほうに、ブレーキホースブラケットがあります
σ(゚∀゚)ワタシは外して作業しましたが、あんまり影響ないかもしれません

写真2
PCX150ブレーキパッド交換002
キャリパー固定ボルトにはねじロックがついていました
固定するときは中力のねじロックを使いましょう

ここからキャリパーの清掃、パッドの交換をするのですが
今回は作業性を考えて、廃油ボックス2段重ねの「台」で作業しました

写真3
PCX150ブレーキパッド交換003
パッドの新旧比較
赤丸の部分はバックプレートがすれてます
ディスクは無傷でした

写真4
PCX150ブレーキパッド交換004
パッドピンも汚れています
パッドピンはこのあと紙やすりをかけたのですが
かなり傷が深く、段付き気味でしたので、後日パーツを手配しました

写真5
PCX150ブレーキパッド交換005
ピストンピンをネジネジする道具は安いので買っておきましょう
ピストンの清掃には、パーツクリーナーであらく汚れを落とした後
歯ブラシタイプのやすりでキレイに汚れを落としました

写真は、ネジネジしながらラバーグリスを塗ったところです

写真6
PCX150ブレーキパッド交換006
ピストンピンにはモリブデングリスを塗布

写真7
PCX150ブレーキパッド交換007
ピストンを押し込んで
ガイドをキャリパーにはめ込み(ガイドの支え部分にはラバーグリスを注入)
この状態でパッドを組み込んでいきます

※ここで自虐ネタを披露
写真にはありませんが、実はピストンの押し込みに専用ツールを使っています
マンリキの反対みたいな器具です

充分にピストンを押し込み、パッドを組んでキャリパーを装着しようとしましたが
パッドの隙間が狭く、ディスクにはまりません
なんでや?とよく見たら、押し込んだパッドがじわ~~っと飛び出してきています

そうか!ブレーキフルードがいっぱいで、押し戻されているんだ!と気が付き
フルードキャップのねじを緩めた瞬間、どっぴゅ!とフルードが飛び散りました
#バカバカバカ>>>>自分( ;∀;)

写真8
PCX150ブレーキパッド交換008
ねじロックを塗布して、規定トルク(忘れました)で絞めて終了

写真9
PCX150ブレーキパッド交換009
作業後の慣らしを兼ねて近所のお散歩
その後、雨の日を含めて通勤に3日ほど慎重な運転をし、異常がなかったので慣らし終了としました
格言:純正ブレーキパッドでは14,000キロを走ってはいけない

〇おまけ
純正ブレーキパッドピンを購入するため、ホンダのパーツリストを確認したところ
σ(゚∀゚)ワタシのKF30ABSとABSなしではキャリパーの具合が違うようです
パッドの交換作業自身には大差ないと思いますが、写真の見た目が違う可能性がございますのでご了承ください

さて、ベスラのレジンパッド
どんだけいい仕事してくれるか
結果が出たらまた書いてみます

( ̄ー ̄)/~~ジャ

スポンサーサイト



PCX150(KF30)にハイスロコーンをつけてみた

  • 2019-10-06 17:41:39 (Sun)
  • カテゴリ:バイク
以前に乗っていたAddressV125G改でもそうだったのですが
PCX150のアクセルで気に入らないのが、全開にするには握りなおしが必要なこと

そして、アクセルの握りなおしをしていると
パニックブレーキの時に、アクセルが戻りきらず
止まれないという問題が発生します

具体的には
通常にグリップを握ってアクセルを開いても、全開にはならないことから
小指でグリップをホールドしたまま、人差し指でグリップを握りなおす
これでやっとアクセルが全開にできます

そして問題なのが
パニックブレーキのとき、グリップは握ったまま、アクセルを戻して
ブレーキレバーを取りにいきますが、握りなおした分だけ、アクセルが開いたままになってしまいます

#パニックブレーキの時の操作は人によって違うかもしれませんが、σ(゚∀゚)ワタシは絶対にグリップを離しません

この、わずかなアクセル開度ではあっても、クラッチがつながって前に進もうとする力が持続するため
最後の30センチが止まれない状況に恐怖します

●ハイスロコーンの効果
ハイスロコーン?
能書きでは10%ハイスロ化とありますが、ほんまかいな?的な感想です
握りなおしはぎりぎり無くなったのですが、軽く手首をひねるだけでソコヅキする訳ではありません

加えて、スクーターの駆動特性からも言えることですが
アクセルを全開にしたから、ものすごい加速をするというわけではないことが
性能の向上を感じられない点からも、なんじゃいこりゃ?になります

●スクーターの駆動特性について
論理的な話はほかのサイトに丸投げするとして
まちで、見かけーるシーンにこんなのがありませんか

シグナルダッシュのビグスクのお兄さん
直管爆音マフラーで青信号とともにダッシュ
加速していくのですが、音がかわらない

ギア式バイクであれば、1速、2速と変速するごとにエンジン回転がかわります
スクーターでは、一定のアクセル開度以上にアクセルがあいていれば
最適な回転数をホールドしたまま、無段変速して加速するものなのです

そして、ドライブプーリーが閉じ切った、つまり変速がトップまで到達したところで
それ以上の加速はエンジン回転数に依存します

PCX150の場合、ハイスロ化せずとも、普通のアクセル開度で
概ね80キロ程度まで加速し、これ以上の速度を求めるときにさらなるアクセルオープンが必要となるわけです

つまり、100キロ巡行などが求められる高速道路以外の
普段の街乗りにはハイスロ化は意味がないことになります
(σ(゚∀゚)ワタシの通勤経路には100キロ巡行の道路があるので、普段使いに必要)

●本日のお料理材料編
by Amazone
ハイスロコーン
キタコ (KITACO) スーパースロットルパイプ スーパーカブ50(AA09)、PCX(JF81)等 901-1153900 576円
グリップ
DAYTONA(デイトナ) PRO-GRIP(プログリップ) ハンドルグリップ #724Mini 耐震GEL 115mm エンド非貫通タイプ ブラック/イエロー 98072 2310円

ハイスロコーンに交換するときは、グリップも交換が必要です
※注意喚起:アマゾンのハイスロコーンの説明に、適合グリップ長さが120mmとありますが、PCX150のグリップは115mmです。

●施工状況写真

今回はめんどくさいので、全部バイク屋さんにまかせました
PCX150ハイスロコーン001PCX150ハイスロコーン002PCX150ハイスロコーン003PCX150ハイスロコーン004PCX150ハイスロコーン005
写真の1枚目から3枚目にあるとおり、右グリップは再利用に向きません

写真4枚目は左グリップですが、すっごいボンドの量
おそらく、エアブローで引きはがしたものと思います

写真5枚目
新しいグリップをつけて完了です

●施工上の注意
今回はウエイトローラー交換とまとめてバイク屋さんにお願いしました
PCXはグリップエンドがオープンなタイプですが、エアツールのノズルをグリップ元に差し込み
グリップエンドを手で塞げば簡単にハンドルからグリップが抜けます

前のAddressの時はガソリンスタンドにいって借りて施工したのですが
最近そのガソリンスタンドは利用しなくなってしまったこともあり
じゃ、馴染みのバイク屋さんに「道具だけかして!」というのもね(笑)

また、PCXのバーエンドバランサーは鬼ネジだそうで、普通の+ドライバーでは外れません
σ(゚∀゚)ワタシのPCXは、以前にバイク屋さんに相談したときに、ショックドライバーで緩めてもらっています
ひとりがバイクのハンドルをおさえ、反対側のハンドルにショックドライバーに10キロぐらいのハンマーでごつん
※強力なネジロックつきです

こうして考えると、バイク屋さんにまかせて正解だと思います

●まとめ
1.ハイスロコーンに交換してもまち乗りでは性能はかわらない
2.アクセル全開だぜ!という心理的開放感が得られる
3.変速が終わった(ドライブプーリーが最大外周になった)先の加速にはアクセル全開が必要だが、グリップの握り直しが不要
4.変速が終わるのは80キロ程度なので、それ以上だすなら意味がある

以上、参考まで
( ̄ー ̄)/~~ジャ

PCX150オイル交換3回目

  • 2019-09-04 19:41:54 (Wed)
  • カテゴリ:バイク
2018型PCX150(KF30)には、オイル交換メッセージ表示機能がある
先月、いつのまにやらメッセージが出ていたので、めんどくさいなぁと思いながらにも、自分でオイル交換をすることにした

今回の作業を終えての感想からいうと
PCX150って、ほんといじりがいがないバイクである
よく言えば、ノーメンテナンス、へそ曲がりが多いバイク好きにはお嬢様すぎな感じだ

おそらく、ホンダの設計、制作技術(製造はベトナムだったはず)がすぐれているからなせる業なんだろう
マニュアルに記載されているエンジオイルの交換サイクルは6,000キロ
そして、オイル交換メッセージ表示も初期値で6,000キロとなっている

つくりの荒いエンジンでは、これでは過走行ではと思われる距離だ
しかし、交換したエンジンオイルには、金属粉のたぐいがいっさいなかった
オイル自身はさすがに若干変質しており、ぱしゃぱしゃとした粘りの抜けた感じであった

写真1
PCX150オイル交換001
ドレンボルトの位置
案外マフラーに近いので、高温時の作業には要注意だね

PCX オイル交換 でネットを検索すると出てくるのが
「オイルを抜き切るために、サイドスタンドでオイルを抜き、またがってバイクを逆バンクさせる」
というのがある。

σ(゚∀゚)ワタシはそこまでこだわる必要はないと考えているが、ドレンボルトの位置を確認するには
サイドスタンドのほうが楽である
と言いつつ、位置だけ確認して、センタースタンドで作業を進めました

写真2
PCX150オイル交換002
本日の材料
フルードは、なぜか納車された時からリザーバーがMin以下だったから足し増しに!
ドレンワッシャーは結局交換しませんでした
というのも、写真1をよく見てください。純正ドレンワッシャーの厚みがなんと2.5mmもある
これだけ厚ければ、何回も使いまわしできそう(笑)

交換するオイルは、純正指定よりちょっとだけグレードアップ!
純正指定は ホンダ 純正 ウルトラE1だ
これで6,000キロはちょっとなぁ

写真3
PCX150オイル交換003
交換するオイルをオイルジョッキならぬ、100均の計量カップで計る
PCXにはオイルフィルターがない。かわりにストレーナーという金属メッシュの茶こしのようなものがある。
なので、「フィルター交換時はプラスアルファ」的なものがなく、目安は0.8リットル

オイル交換時は、全量を一気に投入するのではなく、写真のように0.7リットルを計量
投入しては、エンジンかけーの、やすませーの、オイル追加しーので調整する

写真4
PCX150オイル交換004
素直にオイルジョッキを買ったらええのに
ショップでエンジンオイルを買ったときに、当然に注ぎ口ももらってきたのだが、ぜんぜん長さがたりない
こんなこともあろうかと、100均じょうごくんの登場

実はこのじょうごくんと、計量カップは相性がよくて、じょうごを計量カップに入れてしまえるので場所を取らない
なので、オイルジョッキの購入は、当面ない(笑)

写真5
PCX150オイル交換005
初回のオイル交換が購入し1週間で1,000キロの慣らしを終えての交換
2回目はたしか、5.800キロほどのとき
そして3回目の今回が11,800キロ

左下に OIL CHANGE サインが出ています
マニュアルによると、エンジンオイルを交換した場合は、この表示をリセットすることとあります
方法は、SETボタンを押したままイグニッションをオン、3秒キープ、サインが消えるまで待つとのこと

写真6
PCX150オイル交換006
サインが消えました
このあと、マニュアルに従い、エンジンオイル交換時期サイン表示の初期値6,000キロを3,000キロに変更して作業終了


写真7
PCX150オイル交換007
翌日は通勤に使って、自宅に戻ったところで、オイル漏れがないかを確認
漏れなどもなく、確認終了です
しかし、本当に分厚いドレンワッシャーですね

〇まとめ
冒頭にも書きましたが、本当に手がかからない
オイル交換自身は非常に簡単で、短時間にできるものですので
マメに交換しても苦になりません

〇追加
写真にはありませんが、廃油パンを使っています
Addressの時に苦労したので購入しました
スクーターの場合、最低地上高が低い&センスタが邪魔になるので、廃油ボックスが収まらないんです
これは買っておいて損はないですよ

( ̄ー ̄)/~~ジャ

PCX150(KF30)のリアタイヤ交換

  • 2019-08-11 12:56:24 (Sun)
  • カテゴリ:バイク
さて、前回は
PCX150(KF30)の燃費が33.7kmってなんなの?
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1236.html
にて
>次回は、PCX150 KF30用リアタイヤを交換したよをご報告します
としました

また、前回記事の本文にて
引用----------------
2018年式のPCX150からリアタイヤのサイズ変更があり
これに対応する国内タイヤは販売されていない

一応マニュアルで確認すると
リアタイヤは
IRC SCT-007とあるが、これはベトナム限定で、国内のIRCではあつかいがない

タイヤのサイズで検索すると
120/70-14になるが、ほとんど「フロント用」になる
※このことについては別記事で後日報告する
引用----------------
としたところです


前回記事でも書いたとおり
7,000キロでパンク
これをひっぱって10,000キロまで我慢しましたが、さすがに交換時期にきています

なぜ我慢したかと言えば
そう、このサイズで「リア用」と宣言されたものが見つからなかったから

SNS発達の弊害なのでしょうか
こうしたニッチな部分の情報が出てきません
普通なら、俺はこうやって交換した的なブログがヒットするはずなのに、ぜんぜん見つからない

それとも2018型PCX150に乗る人は、全くタイヤを交換しないのでしょうか(笑)


〇Amazoneでやっちまった
そんな中で、唯一つかんでいた国内で購入できる適合タイヤ
写真1・2
PCX150タイヤ交換01PCX150タイヤ交換02
ミシュラン City Grip Scooter 120/70-14 55P TL/TT REAR
チューブレスとチューブタイヤ兼用

他に選択肢もないので、これにしようと密林でクリック
すぐに納品されたのですが、都合により2週間放置

時間の都合がついたある日、バイク屋に持ち込み交換を依頼...
ちょっと待て!なんか違和感
品物をよく見たらDunlopの140/70/-14って、全然違うものじゃん

すぐに持ち帰り、注文履歴を確認すると
しっかり、自分で間違えてクリックしてた(汗)

品物を確認するのにポリ袋に少し穴をあけた程度だったので
早速返品の手配

返品理由を「間違って購入」送料負担は購入者として手配
指定のバーコードを印刷してゆうパック(1,400円ぐらいで)に貼り付けて発送
郵便局から帰宅したら、Amazoneギフトカードでの返金手続き完了のメールが来ていました

Amazoneって、返品した「もの」が届かなくても手続き先行するんだ
すげっ

〇買ったのはSHINKO SR616R
Amazoneでの失敗にビビってしばらく我慢してたら
新たな候補情報を入手
写真3
PCX150タイヤ交換03

SHINKO SR616R REAR TUBLESS

写真4
PCX150タイヤ交換04
タイヤに表示されたデータでは
120/70-14 MC 61P

最後の61Pは最高速レンジなのだが
明らかにオーバースペック
ただし、お値段6,200円でミシュランよりお値段お安め

タイヤのパターンは純正とミシュランの中間ぐらいかな

写真5
PCX150タイヤ交換05
純正の写真を撮り忘れたので、メーカーサイトの写真をのせておきます
IRC SCT-007

ミシュランのCity Grip Scooter 120/70-14 55P TL/TT REARが
かなり細かいパターンで、いかにも雨に強い的な雰囲気があるのに対し
純正はさっぱり系ですね


〇耐久性やいかに
「リア用」を明言していることにこだわった理由は耐久性とコントロール感です
荷重がかからないフロントタイヤは、耐久性より切れ込み重視だろうし
逆にリアは耐久性と変な切れ込みがないことが求められます

この点、前後兼用タイヤというものも存在しますが
あえてフロント用とあるものは、どうしても買いたくなかった

また、先のミシュランのものはチューブタイヤ兼用となっており
特に異論があるわけではありませんが、できれば今回購入したチューブレス専用がほしかった

さて、10インチタイヤのアドレスV125くん時代には、いろんなタイヤを試して
なんとか5,000キロもつIRC MB520に落ち着いたところですが
中には3,000キロも持たない国産スポーツタイヤなどもあり苦労しました

今回は純正タイヤで10,000キロ越えですので
交換工賃まで含めれば、はるかにコストパフォーマンスが上がりました

そして、今回初のリアタイヤ交換
1カ月ほどたちますが、特に違和感もなく上々です

気になる耐久性については、あと3か月もすれば結果が出るでしょう
その時はまた報告いたします
( ̄ー ̄)/~~ジャ

PCX150(KF30)の燃費が33.7kmってなんなの?

  • 2019-08-06 20:15:26 (Tue)
  • カテゴリ:バイク
おかしい、絶対におかしい、燃費が悪すぎる!

昨年11月に廃車となったアドレスV125くんのかわりに導入したPCX150くん
慣らし運転のときにはかるく40kmを超えていた燃費が、この3月に33.7kmまで落ちてしまった

エンジン系も駆動系も特に異常は感じられない
原因はなんなんだ

写真1
PCX150の燃費001
ここまで燃費が下がるのはどこかに異常があるはず


そんなある日の4月
筑波のにりん館にケミカルを購入に訪問

駐車場ではバイクタイヤのキャンペーンを開催中
キャンギャル(すっげー美人さん)が
「どーれ、女王様がみなのタイヤをチェックしてしんぜよう」と駐車中のバイクを点検

ZRX1200とCB1300の間に駐車していたσ(゚∀゚)ワタシのPCX150くん
よし! 無言 よし!
って、σ(゚∀゚)ワタシの短小PCXくんは完全にスルーだw

どうやら大型バイク「だけ」のタイヤキャンペーンだったようである
まぁ、普通の女性であれば「短小」は相手にしないのも権利だし
そこは事実なのでグッと我慢した(心の声)

ところが、同じくタイヤキャンペーンの男性スタッフが通りがかりにやってきて
「これ、パンクしてますよね!」という

よくみれば、リアタイヤが正月の鏡餅状態

早速点検してもらうと
リアタイヤにわずかな亀裂があり、ほんの少しずつエアが抜けていた

写真2
PCX150の燃費002
走行距離も7,000キロを超えていたので、タイヤ交換を考えたが
なんと、適合するタイヤの在庫がなかったので
そのまま修理となった

2018年式のPCX150からリアタイヤのサイズ変更があり
これに対応する国内タイヤは販売されていない

一応マニュアルで確認すると
リアタイヤは
IRC SCT-007とあるが、これはベトナム限定で、国内のIRCではあつかいがない

タイヤのサイズで検索すると
120/70-14になるが、ほとんど「フロント用」になる
※このことについては別記事で後日報告する

結果としては、スローパンクによる空気圧の減少に伴う燃費の悪化であった

毎日通勤で使っていたPCXだが
まったく違和感のないスローパンク

ゆっくり抜ける空気と
これに伴う操作感の慣れ
まったく気が付きませんでした

唯一その兆候があったのは
雨の日にリアブレーキをかけたとき
リアタイヤがロックして滑ったことです

慣れとは恐ろしいものですね


写真3
PCX150の燃費003
こちらがPCX150(KF30)の本来の燃費<盛ってます(笑)
給油して80キロほど「エコ運転」した結果です

アクセルをガバ開けしなければ、こんな燃費もありです
実際のところは、45キロ程度です

アドレスV125くんが、ハイオクで最低が18キロでした
良くても30キロは絶対になかったアドレスV125くんに比較したら
すっごい優等生

さて、次回は、PCX150 KF30用リアタイヤを交換したよをご報告します
( ̄ー ̄)/~~ジャ

おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する