FC2ブログ

続パソコンの電源が突然切れた!その4(コンピューター)

さて前回は
続パソコンの電源が突然切れた!その3(コンピューター)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1201.html
にて

>さて、次回は、この中華フロントパネルの取り付け報告をすることで〆としたい
としました

実はこの記事関連の最後として「かっこよく仕上がった」報告をしたかったのですが
いろいろとやらかしてしまいまして...
結局いつものようにアブノーマルな仕様となってもーた(笑)

写真1
焼けたVRM001_R
中華フロントパネルの取り付け後です

1.ひとめでわかる異常は、「なんかぶら下がってる!」ですね

これ、前回書きましたが、新マザーのシステムパネルコネクターが合わなくて
あきらめて「電源スイッチ」を買ったのですが
ちゃんとばらして目で見てみれば、ケースの電源スイッチは「リセットスイッチ」だったのです

えっ、リセットが電源で、電源はリセット?

オリジナルのケースの電源スイッチ取付マウントには「リセットスイッチが電源スイッチとして取り付けられていた」というのが正確な話
そして、オリジナルにはリセットスイッチはつけられていませんでしたので
間違って購入した「電源スイッチ」を新マザーのリセットコネクタにつないでみたところです

2.なんか、オーディオパネルが2つあるようですが?
よく気が付きましたね!

これは、彼女とカラオケのデュエットをするのにマイクインターフェースが2つ必要だったから...
嘘です。
電源スイッチの下段にあるのはオリジナルのオーディオとUSBパネルですが
本来であれば、これをとっぱずして、購入した5インチフロントパネルを取り付けるつもりでした

しかし、オリジナルのパネルを外すには、シャーシ全バラが必要だった(笑)
なので、オリジナルのパネルくんには永遠の「飾り」になってもらいました

3.真ん中下段にSATAとかe-SATAとかLEDランプの右にあるのは電源ですか?
ほほう、おぬし、なかなかの目利きですな
マザーボードのSATAインタフェースが余っていたので、つないでみました
「外付け」でHDDを転がしで接続しバックアップも可能です

ただし、写真の下の方をよく見ていただければわかると思うが
このPCケースおよびマザーは、RAID対応のマガジンしきHDDスロットがついていまして
ケースをあけることなく、HDDがポン付けできるので、前面SATAは、多分絶対使わないと思う(笑)


4.LEDが明るすぎてまぶしいのでは?

まさに!
このパネルって、マルチカードリーダーがついているんですが
そのアクセスランプが常時点灯で、しかも、この高輝度

まるでσ(゚∀゚)ワタシのナニのように、無用の長物である<誰も見たことがない長物


5.USB端子がてんこ盛りですし、青いUSBって、あの高速なUSB3デツカ?
USB2が全部で6つ
今回購入したマザーはBIOSレベルでUSB機器を認識できるのでマウスとキーボードをフロントからとれるのは便利
のこり4つは、USB扇風機と、スマホと、スマホと、スマ..
つなぐものがないじゃん(笑)

で、USB3のほうですが、ダミーです<きっぱり>ヲイ

実は購入したマザーのリアIOにはUSB3端子があったので
マザー上にもパネル端子があるものと勘違いしまして
このパネルからのモールドケーブルは中で宙ぶらりんになってます

USB3なら、超長編HDなあの種の動画ファイルもサクサクコピーできる!
ってもくろんだのですが、絵に描いた餅になってしまいました

〇なんで中国からしか買えないの?
フロントパネルにUSB3をキーワードにさんざん検索したのですが
国産製品は数年前に「製造終了」になっていて、Amazonで検索すると「中国からお届け」しかでてこない
理由はわからないけど、国産品が買えないのであれば中国からの購入も致し方ない

で、5月下旬にアマゾンでぽちったが、到着は2週間
チャイナポストなので、はやいほうかな

〇レアポケモンなみのASUS Q-Connector
本来なら購入したマザーに付属しているはずですが、中古だったのでなかった
別に必須のパーツではないのだが、ついでなので探してみた

写真2
焼けたVRM002_R
購入したQ-Connector

探し方が悪かったのか日本国内ではろくなのが見つからなかった
たどり着いたのはeBayだが、なんと4,500円とかでビックリ
さらに絞り込んでみると、1,200円のこいつに行き着いた

商品説明では純正とあったが、はたしてどうか(笑)
到着まではチャイナポストお約束の2週間
現時点では装着していないが、不具合があれば、いずれ報告したい

〇Windows認証について
マザーを交換するとWindowsを再認証する必要があるような話が気になっていた
今回のケースではたまただと思うが、なんの処理も発生しなかった

結果から言えば、CPUとメモリー以外は全とっかえしたのでが
交換前後のマザーのチップセットまで同じものを求めたことが
こうした結果をよんだのかもしれない

〇で、思わずぽちった新PCはどーすんの
復旧まえのPCが使えなくなって、おもわずぽちったPC
最新CPUにメモリーてんこ盛りで30万円
お布施のWidows64Proも購入済なんだが

この爆速PCの出番はしばらくないのかな
(アダルト動画をみるのに、爆速PCはいらない)

( ̄ー ̄)/~~ジャ
スポンサーサイト

続パソコンの電源が突然切れた!その3(コンピューター)

そもそも10年前のパソコンを復活させようという試みがナンセンスなんだが
グラフィックボードを交換すればなんとかなる?
次は電源ユニット交換で...
CPUクーラーさえ修理すれば復活するのでは?
という悪魔な深みにはまってここまで来た

そして結局前回は
続パソコンの電源が突然切れた!その2(コンピューター)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1200.html
にて

マザーボード交換に至ったところである

ここまでに
>今回の修理にかかった費用
>グラフィックスボード 3千円
>電源ユニット     2万円
>CPUクーラー固定ピン 1.5千円(シリコングリス含む)

最後にマザーボードが1万7千円だぁ
完全にコスパ無視の沼にはまっている

そして前回は
〇パーツはすべてそろった
としたが、さらなる問題として

>いわゆるフロントパネルからの電源スイッチなどを扱うシステムパネルコネクターですが
>オリジナルのものは10-1ソケット、今回のASUSは20-8ソケット
>うーんどうするこの状況

というところまできたところ

PCケースのフロントパネルには電源スイッチやオーディオIN/OUTがあるのだが
買い替えたマザーボードでは「システムパネルコネクター」が合わずそのまま結線できない
さらに、オーディオコネクターに至っては、マザーのレイアウトがオリジナルと違っており、長さが足りない状況となった

〇ケーブル変換用ピン配線を試してみた
近所の電気屋でオスメスの単線がセットになったものがあったので
10-1ソケットから、20-8ソケットに変換する試みを実施
マザーボード側は安定した結線ができたが、10-1ソケット側が抜けやすく不安定

ここで、オリジナルの起動スイッチ(10-1ソケット)の利用をあきらめ
別途、リセットスイッチ、電源モニタLED、HDDモニタLEDを購入することとした
ついでを言うと、購入したマザーはビープスピーカーがないので、これも購入

上記のこまかいものと
前述のIOパネルの購入で4千円程度かな

〇組み付けてみた
写真1
焼けたVRM001
新マザーのシステムパネルコネクター

写真2
焼けたVRM002
旧マザーのCPU(グリスがのりすぎ(笑))

写真3
焼けたVRM003
新マザーにCPUを移植

写真4
焼けたVRM004
旧マザーのIOパネル

写真5
焼けたVRM005
変換ケーブルで10-1ソケットからシステムパネルコネクターに結線
ビープスピーカーものっけてみたが、いまいち動作が不安定

写真6
焼けたVRM006
eBayで購入したIOパネルは意外にしっくりおさまった

〇のこる課題は
フロントオーディオパネルの配線が短くてマザーに届かないこと
延長ケーブルという解決策もあるのだが
5インチフロントパネルを探すと、中国製でおもろいものがたくさんでてくる

さて、次回は、この中華フロントパネルの取り付け報告をすることで〆としたい
( ̄ー ̄)/~~ジャ

続パソコンの電源が突然切れた!その2(コンピューター)

さて前回は
続パソコンの電源が突然切れた!(コンピューター)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1199.html
にて

>そして見つけた本当の故障原因
>「犯人はお前だ!」
として写真を掲載しました

答えを先にいいます
電源が突然落ちるのはCPUの電源回路にあたるVRMのコイルの損傷です

VRMについての詳しいはなしは他所に丸投げしますw
分かった気になるVRMの仕組
http://www.dosv.jp/feature/0803/19.htm

実は今回のPCの不調について
一番疑っていたのはマザーボードのコンデンサのパンク
「銀色のあいつ」が膨らんでいたらアウトと目視確認していましたが、まさかコイルが焼けたとは思いませんでした

〇マザー交換となれば
CPUやDRAMが生きていると仮定すればマザーボードの交換はこれらのパーツを生かせるものに限定されます
では8年前のCPUやDRAMにどれだけの価値があるのかといえば、正直クズ同然です
それでも、これらCPUやDRAMを生かしたマザー交換を検討したのは、すでに最新型PCをポチっていたからかもしれません

〇やればできるを証明したい
かの有名なオナッターズのキャッチフレーズに<いや、だれも知らんだろ
「やればできる」というのがありました
ええ、もちろん生中田氏の話です

そんなσ(゚∀゚)ワタシは
「(コンデンサーちゃんは)いけない娘だなぁ、こんなにお漏らしして」的な何かがあるのでしょうか
猛烈にCPUやDRAMを生かしてこのPCを復活させたい欲望にかられたわけです

以前にBIOS情報からメモしていた内容はCPUのソケットはLGA1366
取り外したメモリーからはDDR3-1066であることがわかっています
これをキーワードに対応するマザーボードを検索

結果は...
たけーよ!

国内通販では軒並みデッドストック
ジャンクを除けば2万円前後だw
eBayあたりでも3千円から4万円ほど

そんな中で、コスパのよさげなASUS P6X58D-Eを選択しました
(と言っても税込み2万円近い(汗))

写真1
IMG_9759_R.jpg
届いた品がこちら

オリジナルのマザーと同じメモリースロット
拡張ボードの構成もほぼ同じ
今回の故障の原因となったVRMまわりもゴージャスなヒートシンクがついています

その他に決め手となったのは
オリジナルがSATA2だったのがSATA3に対応していること
これで起動ディスクをSSDにしていることのフルスペックがひきだせます

〇後ろから見ちゃいやん
購入したマザーボードはオリジナルよりかなりのハイスペック
で、オリジナルにないIOポートが装備されていることもあって
オリジナルPCケースに付属するIOバックパネルは使えません

本来ならマザーボードに付属するはずのIOパネルは、中古品なのでついていませんでした
対策をネットで検索すると、「牛乳パックにアルミテープで自作」とかもありましたが
eBayでぴったりの商品がありましたので送料こみ1200円で注文

写真2
IMG_9825_R.jpg
米国のeBayサイトで購入しましたが
発送連絡はお約束のチャイナポスト
でも、発送連絡から1週間で到着の脅威!

〇パーツはすべてそろった
あとは組み付けるだけ
というところまで来ましたが、ここでトラブル発生
システムパネルコネクターと呼ばれる部分にオリジナルとの違いがあった

いわゆるフロントパネルからの電源スイッチなどを扱うシステムパネルコネクターですが
オリジナルのものは10-1ソケット、今回のASUSは20-8ソケット
うーんどうするこの状況


おっとだれか来たようだ
つづきは次回
( ̄ー ̄)/~~ジャ

続パソコンの電源が突然切れた!(コンピューター)

さて、前回
パソコンの電源が突然切れた!その3止め(コンピューター)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1198.html
にて

完全復活したかと思ったσ(゚∀゚)ワタシのパソコンですが
実際には完全死亡となり
この数週間悪あがきをしておりました

〇不調の症状
おさらいになりますが不調の症状としては
普通にWidowsを起動し、普通にブラウザやエクセルを操作している状況で
突然画面が真っ暗になる

ちょっと横道にそれますが
「突然画面が真っ暗になる」で検索すると、メーカーのサポートページや
パソコンの修理業者のレポートがたくさんヒットするのですが、あまり参考になりませんでした

いずれのページも、故障原因の切り分け手順を経て「修理に出せ」に導かれます
まぁ、どちらかと言えば、修理業者さんのページでは、パーツレベルの問題切り分けまで情報があって
幾分役にはたったのですが、ほとんどのケースで「電源線のぬきさし」程度の情報しかありませんでした

さて、本題にもどりますが
今回の不調はパソコン本体の電源が突然落ちて、結果として突然画面が真っ暗になるわけです
使用していたディスプレイは他のパソコンにつなげば正常だったので
パソコン本体の側に問題があるのは明らかなのですが、この段階では原因がハードかソフト不明でした

こんな状況でだましだまし使っていたのですが
いよいよパソコンの電源スイッチをいれても起動できなくなってしまいました

具体的には
電源スイッチを投入後、BIOSのPOST画面の途中や、Windows LogOn画面の途中
たまにLogOnはうまくいってデスクトップを表示したタイミングで
完全に不定期にパソコンの電源が落ちます

最終的には、パソコンの電源スイッチをいれると、一瞬電源ランプ(マザーボードからでてるやつ)が点灯するが、すぐに消える状況
BIOSさえも読み込まないうちにおちるのですから完全にハード故障ですね

〇これまでやったこと
パソコンが生きていた時点で採取したイベントログにはOSの指示によらない「電源断」の記録あり
その後、パソコン修理業者さんの情報を参考に
・各種ケーブルの抜き差し
・放電
・メモリーや拡張ボードの抜き差し
・CMOSクリア
・CMOS電池交換
などを実施するも「一瞬電源ランプ」の状況がかわらず

上記の作業に並行して
なにしろ古い8年前のパソコンですので
マザーボード上のコンデンサのパンクがないか確認するも異常なし

故障の原因ははっきりいえば、パソコン内部を清掃していなかったこと
ケースをあけたらおぞましいほどのたばこのヤニと綿埃の化合物でおおわれていました

〇続いて実施したこと
・冷却ファンがぶっ飛んでいたグラフィックスボードの交換
ただしこれは、よく考えればマザーボードにグラフィックス機能があったので交換せずとも故障原因の確認ができたはず
・1,000w電源を最新の750wのものに交換
などを実施するも「一瞬電源ランプ」の状況がかわらず

この時点で絶望の海に漂うσ(゚∀゚)ワタシ
気がつけばメーカー製BTOモデル最上位機種にメモリーてんこ盛りをぽちっていました

〇CPUクーラーの取り付け不良
すでに自分にできるハードウエア交換範囲の限界にきています
残るはマザーボードの交渉か....
と眺めていて発見したのがCPUクーラーの取り付け不良

なんとクーラー取付のツメが劣化粉砕しておりました
そして、これを交換し無事復活したことを書いたのが冒頭にある引用部分
その前回記事も復活したパソコンで書きアップしたものです

〇再び襲う悪夢
一度は復活したかに見えたσ(゚∀゚)ワタシのパソコンですが
再び「一瞬電源ランプ」の状態に!

そして見つけた本当の故障原因

「犯人はお前だ!」
焼けたVRM01
焼けたVRM02


おっと長くなった
つづきは次回
ちなみに、この記事は復活したパソコンでかいています

( ̄ー ̄)/~~ジャ

パソコンの電源が突然切れた!その3止め(コンピューター)

さて前回は
パソコンの電源が突然切れた!その2(コンピューター)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1197.html
にて

>をい、症状が悪くなっとる
>頭がまっしろになっちゃう
>なので、この日「も」酒をのんで寝ることにしました
としました

頻繁に電源断が起きるようになったσ(゚∀゚)ワタシのパソコン
ケースを開けたらそこはまるでナウシカの腐海(たばこのヤニと綿埃の化合物に覆われていた)
実におどろおどろしいものでありました

搭載されていたグラフィックボードは
幾重にも折り重なった腐海の生き物により覆いつくされ
「カリカリ」という最後の叫びをあげつつも、そのクーリングファンははじけ飛んでいきました

また、電源ユニットにいたっては
全体が腐海の生き物に覆いつくされ
すでに息をすることさえできない状態

ということで
まぁ、グラボの交換と電源ユニットの交換をしたのですが
症状は改善せず!

これは困った...
すでに、PCが使えなくなって2日たっている
σ(゚∀゚)ワタシの大好きなアダルト動画が見られないなんて、もう気が狂いそうである<そんなことはない

そんな疲労困憊、狂気の状態になると、人間、何をするかわからない
おもむろに嫁のPCが置いてあるリビングに向かい
気が付いたときはネットでPCを購入していた

σ(゚∀゚)ワタシのPC購入のルールは前にも書きましたが
その時点で最高スペックのCPUとおなかいっぱいメモリーを搭載すること
そして今回追加したルールはHDDなんてくそ遅いもんはいらん!てんこ盛りのSSDや

で、BTOショップ見積価格が約30万円となり、クリック!

こうして3日目の夜がすぎていくのでした
ちなみに、嫁のPCでは怪しいサイトにはいかないし
スマホでは絶対にそういうところにはいきません<何が起きるかわからない

翌日、ショップから「発送しました」メールを受け
いよいよ現行のPCともお別れと
せめて掃除だけでもして送り出してやろうとケースを開けました

あれ?CPUクーラーが落ちてるんですけど!

これまで、グラボの交換や電源ユニットの交換時も「なんかグラグラしてる」とは思っていましたが
CPUクーラーがマザボから完全に離脱して、ケーブルでだらりんってしてる
付け根をよく見ると、CPUクーラーの固定ピンの爪が完全になくなってます


写真1
パソコンの電源が突然切れた009
つめがなくなったCPUクーラー固定ピン

写真2
パソコンの電源が突然切れた010
シリコングリスとLGA用プラスチック固定ピンを購入
ちなみに、σ(゚∀゚)ワタシのマザボはLGA1366で
CPUクーラーはインテル純正ではありませんでしたが、多少工夫してこいつでなんとかなりました

ちなみに購入したのはこれ
http://www.ainex.jp/products/pb-042/
で、取り付けのマニュアルはこのHPだとまるで分らない
むしろ古い情報のこっちのほうがわかりやすい
http://www.ainex.jp/data/bs-775_mnl_web.pdf

写真3
パソコンの電源が突然切れた011
購入した固定ピンが、若干元のピンと形状が違いました
写真のとおり、旧ピンは四角いかたちで、購入したピンは丸い
紙やすりで削って調整

写真4
パソコンの電源が突然切れた012
CPUクーラー側シリコングリス
みたところシルバーグリスのようです
触ってみても固化しておらず、いわゆる油抜けは起きていない様子

写真5
パソコンの電源が突然切れた013
古いシリコングリスの除去には
期限切れのETCカードと、無水エタノールが最適
(ETCカードの必要はない(笑))

写真6
パソコンの電源が突然切れた014
固定ピンの交換とCPUクーラー側のシリコングリス除去終了

写真7
パソコンの電源が突然切れた015
あとは、このCPU側のシリコングリスを除去して

写真8
パソコンの電源が突然切れた016
CPUに刻印されたロゴが見えるまでキレイになった

写真9
パソコンの電源が突然切れた017
完成

〇起動確認

いっ、いれるよ!

きゅぃ~~ん
つかヵヵヵヵ...

Windows ログイン画面表示
ログイン完了
ブラウザでいつものサイトで動画確認

いける
いけるじゃねーか
会いたかったよジェニファー!

〇まとめ
今回の修理にかかった費用
グラフィックスボード 3千円
電源ユニット     2万円
CPUクーラー固定ピン 1.5千円(シリコングリス含む)

結果から言うと、固定ピンの1,500円しか必要なかったことになる(汗)

すでに復旧から1週間がたちますが
もーまんたい(問題なし)

残る問題は
うっかりポチってしまった30万円のPCだけ
どーすんのよσ(゚∀゚ )オレ

( ̄ー ̄)/~~ジャ
おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する