FC2ブログ

木曽福島行ってきたよツーその3(お土産いっぱい)

  • 2011-05-06 21:04:33 (Fri)
  • カテゴリ:バイク
はい、おまたせしました、グルメリポーターのころりんです。
今回ご案内するのは長野県は木曽地方にある素敵な旅館です。

旅館 黒沢館
〒397-0101長野県木曽郡木曽町三岳6362
http://www.kisoji.com/kisoji/spa/mitake/kurosawakan.html

冬にはスキー客、夏には登山客でにぎわうこの旅館。
山の桜も見ごろを過ぎ、草木が萌えるこの時期ですが、ちょうどシーズンの端境期ということもあってか、連休や週末の予約も取れるとか。

今回の私たちのツーリングも...
「○○君、こないだの地震でドタキャンになったツーなんだが、そろそろどうだろう?がんばれニッポン、バリバリいくぜツーの企画でも?ということで、明日までに計画書を提出してくれたまえ」との、σ(゚∀゚)ワタシのオーダーで、仕事をそっちのけで企画されたものです。
#普通、連休中に「今度の週末に1泊」って無理っしょ(笑)

この後輩、不思議と幅広い人脈をもっておりまして、全国に散らばる、地域の○人にコネをきかせてゲット!
いい旅館を紹介してもらえました。


○おすすめポイント
宿泊料が安い。旅館なのに、1泊2食で8,500円。

お料理がよい。お料理は山のものを中心に、さすがは旅館ならではの豪華さです。

ガレージがある。事前にツーリングであることを告げておきましたので、特設ガレージつき。
パニアケースつきのBMWでしたので、4台まででしたが、通常のネイキッドだけなら、6台ぐらいはいけそうです。

温泉ではないけれど、男4人が足を延ばせる広い風呂

そして、なんといってもうれしいのが....これ
sunki-img02.jpgsunki-img02-2.jpg

はい、自家製すんき漬です。

すんき漬については

『すんき』は霜の降りそうな晩秋から、木曽地方で昔から作られている伝統的な漬物です。時期は毎年11月下旬ころ。漬物といっても食塩も砂糖も一切使用せず、植物由来の乳酸菌で発酵させてある「とっても酸っぱ~い」漬物です。一般的な漬物の概念を越えた、全国的にも珍しい味わいです。


ここから引用
http://www.kiso-shop.jp/sunki/index.php
写真もここからカリマシタ



実は、数年前にこの地方を訪れたときに
偶然に見かけたそばやで
これも偶然「すんきそば」の意味がわからず店の人に尋ね
「この時期のすんきは出来すぎでかなり酸っぱい」という話を承知で食べてから病みつき


以後、ネットで注文したり、土産物店で購入したりしましたが、いずれも野沢菜入りとか、調味料入りのもの。
あの「あ~~酸っぱい!もういっぱい!」みたいなものにはあたれませんでした。
#青汁みたい(笑)


今回も、だめだろうと、この話を店の若女将に話すと...おばあちゃんをよんでくると?
おばあちゃん、ちゃわんに軽くいっぱいのすんきを持参。

食べてみると....すっぱぁい!
「これ!これだよ!さがしてたの!」
と叫んだら、おばあちゃんにっこり!

だされたすんきをあっという間にたいらげて、おかわり!
そして、おばあちゃんとすんきについて語る事20分!
#いや、そのころσ(゚∀゚ )オレ徳利3本(6合)で撃沈してたが

部屋にもすんきを出してもらって2次会
酒によく合うのよこれが
#いや、σ(゚∀゚ )オレ撃沈してまちたってば


○今度は姫と混浴かぁ?
飲みすぎで、早々に撃沈したσ(゚∀゚ )オレ
夜中にむっくりおきまして
風呂に入っていないことを思い出す。

夜中の、誰もいない風呂で、大の字になって、湯船に浮いてみる
ナニもむっくり起きていた(゚-゜)\バキ



普通の旅館ですので混浴ではない....が
今度はこっそり姫ときて、夜中に混浴もいいもんだ
などと思ってみる


○今回のお土産
前夜の夕飯の時に、おばあちゃんにお願いしたら
自分の家用のすんきを分けてくれることになった
出発したくをすべくガレージに向かったら、真新しく空になったすんきの樽を発見(笑)

ひとり1キロずつで1,000円
赤かぶのすんき漬もレジ袋いっぱいで500円
土産物屋で買うよりはるかに安い

そのほか、静岡?くんま(熊)の里で購入した
「ゆべし」これ、普通のぎゅうひみたいなお菓子ではありませんのよ!

柚子にあまからのミソをつめた柚べし400円
ちょうどカラスミみたいに、うすく切っていただくやつ

あと、ふうせんみたいなおせんべい


○旅たちはいつも突然に
姫にいつも怒られること
姫:また奥様に内緒で出てきたの?
σ(゚∀゚ )オレ:だって、出かける前に言えば、どこに誰と?と聞かれるやん
      姫とデートって言いにくいもん

姫:これ、デートなん?
σ(゚∀゚ )オレ:うち的にはそうおもってますが(汗)


という夢



まぁ、夢は夢としてですが、
今回も、そしていつもですが、ツーリングに出かける時は、家族には何もいいません。

どーせ、家族の誰からも必要とされていませんし(涙)

関連記事
スポンサーサイト



おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する