FC2ブログ

BMW R1200ST(ヘッドランプ)バルブ交換その2

  • 2011-05-12 22:31:25 (Thu)
  • カテゴリ:バイク
前回の「BMW R1200ST(ヘッドランプ)バルブ交換その1」に続き、今回は実践編
ただし、σ(゚∀゚)ワタシ、サービスマニュアルを持っていないので、適切な作業かは不明
作業する場合は自己責任でお願いします。


○まずはよく観察

#お客さん、おさわり禁止でつ(謎)


写真1
ちょうどよい写真が無かったので、以前ディーラーで作業中のよそ様のSTさんです
DSCF0531_R.jpg

2か所の矢印のところがそれぞれ上下ランプの補修ホールふたとなっています。
ふたは爪で止めてあるだけの簡単なはめ込み式。

写真でわかると思いますが、上ライトの周りを、メーターコンソールが邪魔しています。
ハンドルを切っても、作業スペースは確保できそうにありません。


写真2
上だけはずさせてもらいました...
#あっ、ブラじゃねっすよ
P5045347_R.jpg

非常に簡単なつくりですが、シリコンゴムで防水もしっかりしています。
ふたを戻す時に感じたのは、いいかげんにはめ込んでも、ふたができた感じになること。

振動や(水)漏れのことを考えたら、すこし慎重に「ちゃんとつけてね」としないとね!


○観察結果を持ち帰りイメージ
今回の球切れは下だけ
でも、交換用に購入したのは、色温度のかなり白いもの(2こセット)

下だけの交換なら、ひょっとして道具なしで行けそうだが、今回は上も交換。
であれば、メーターコンソールも外すしかない


○さぁ交換だ!でもその前に
おまじないですが、作業の前には、センタースタンド
(リアタイヤは浮きますが)シフトを1速に

ついでですが、ちょっとしたことをひとつ

σ(゚∀゚)ワタシ、びんぼーなので、作業用ガレージなんぞありません。
バイクいじりは交通量のほとんどない、住宅街の路上、つまり、家の前です。

以前に失敗こいたのが...
バイクから外したねじがころがり....
どぶ板の隙間から別世界にエスケープしやがった(怒)

きょうびのどぶ板は根性がありまして...
8cmほどの厚みもあってか、鉄筋でもあきまへんでした(汗)

以後、作業をする前に、古毛布や作業用マット(ホームセンターで500円くらい)を敷くようにしています。



○やさしくしてね...
写真3
P5055375_R.jpg
メーターコンソールは、矢印のねじで、トップブリッジに固定されている。
ねじは左右2か所。
写真は右側で、手前のステンレスメッシュホースはフロントブレーキホース

さぁ、ターゲットとなるオポッチさまは見えた!
がぶり寄りでねぶる?

って、ぜんぜんクリクリできません。せまぁーい!
(*´д`*)ハァハァ

落ち着け!
よーく見るんだ!


って、なんのことはない。ハンドルを切ればいいだけのこと(爆)

使った工具は25トルクスをつけたレンチ
以前、AddressV100のフロントブレーキパッド交換の写真にチラ見してたやつ

六角レンチとほぼ同じ大きさ、長さのものですが、これだとねじを回すスペースがない!とおもったら、ハンドルを切ればよかっただけ(汗)


写真4
P5055351_R.jpg
メーターコンソールをはずしてタンクにのせました
もちろん、タンクは作業用マットで保護


○下だけの交換でも上もちゃんとしないとね!
あーそのー。σ(゚∀゚ )オレ、若い衆とはちがいますので、いきなり下の穴だけ責めるようなことはしません。
物ごと、段取りはだいじです!

って、偶然なのですが...(汗)
下のランプ交換の作業には、上の穴をはずさないとほとんど見えません!

写真5
P5055353_R.jpg

そう、つまり、上のふたをはずし、その穴から下のランプの取り付け具合を確認しつつ
下の穴に指を突っ込んでモニョモノヨするよろしネ


写真6
P5055355_R.jpg
上のランプの取り付け具合
矢印のばねフックが爪に引っ掛けてあって、バルブを抑えています。

写真の曲線矢印のようにフックをうごかせばはずれます。

重要
がっついて、なんでも脱ぎ脱ぎさせていいことはありません
えへっ
ばねフックに手を出す前にあるのよ、やることが!


電源コネクターは、振動に耐えるよう、かなりきつくバルブのコネクターにはまっています。
コネクターが刺さったままばねフックをはずしてバルブを取り去ろうとしても、長さと作業スペースの都合から、取り出すことは不可能!
#σ(゚∀゚ )オレ、やった人<結局がっついてるんやないかい(笑)

バルブが固定されている状態で、やさしく右手でバルブの金属リング部を押さえ(フックのあたり)
かたく結合された、電源端子を抜きましょう。

端子の構造は左右と上の3方に刃がついていることから、
端子が抜けにくくても、回転運動は禁物
上下にしゃくる程度はかまわないように思います。

#すいません、ついエッチなことを考えてしまいそうな表現で(汗)


写真7
上のランプ保守穴から、下のランプのコネクタをはずした様子を確認
P5055361_R.jpg


実質的な交換作業上のポイントはここまでです

少し長くなりましたので、本日はここまで。

次回は、交換前後比較と、一般的注意についてご報告させていただきます。


関連記事
スポンサーサイト



おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する