FC2ブログ

この手があったか!(貧乏人の節税対策)

まぁそのー、完全に無駄な努力な話ですし、だれもやらねーと思うけど
一応「発見」したので書いてみる

銀行から「重要なお知らせ」なるものが届いた


やばい!引き落とし不能の通知か?
とも思ったが、あけてみたら定期預金の利息が付いたよの通知

あははっ
利息=3円!

昨今の超低金利の時勢を反映して定期預金の利息なのに0.030%/年だとう!
#つまり元金は10,000円なわけだ<少額すぎるのがバレバレ(笑)

利息の少なさ以前に、元金が少なすぎることにため息をつき、じっと手を見る(一握の砂)

とか、くよくよしても始まらないので、さっさとゴミ箱に( ´∀`)つ ミ!


と、そのときケチンボ神様が降臨!
#通知書が(  ̄ー ̄)*キランと光った<ように見えた


利息のお支払 3円 ブランク ブランク 受取利息 3円
が、スローモーションの中に、鮮烈に焼きついたのである

「そこにあるべき何かが ブランク?」<(パ○パン)ではない(謎)



そう、税金の欄がブランク....つまり源泉分離課税されていないことに気が付いた


なぜ?



で、さっそく調べてみた


定期預金等の利息にかかる税金は源泉分離課税で合計20%
利息と言う利益にかかる税金である

さらに詳しく見てみると
国税が15%
地方税が5%とある
ネットの情報によると、どちらも円単位未満切り捨て

なので元金に対する利息が3円だと
国税0.45円、地方税0.15円であり、どちらも免点以下となり徴収されない


では、いくらまでなら税金が引かれないのかを逆算すると
7円になると国税が1円を超えるので、1円徴収されるのがわかる

さらに計算を進めると、金利0.03%なら
23,333円の元金で金利7円未満の6.9999円になるが
(未確認だが)金利も円未満切り捨てだろうからこれを考えると


金利0.03%なら元金20,000円で6円がピタリ気持ちいい数字である
これにより金利は6円で、税金はどちらも1円未満なので0円

で、何が節税?

1年は365日ある
元金2万円の定期預金を、毎日満期になるようにすれば、6円かける365日で2,190円の利息が、税金無しで受け取れるのである

ちなみに同じ元金の総額をいっぺんに預けると
これによる年間利息は先ほどと同じ2,190円
国税は328円、地方税は109円で税金合計437円
まさに20%が持っていかれるのである


つまり年間437円の節税
これを、ご近所の金融機関5つぐらいにやってみると
年間2,000円ほどの節税になる





なる?

あのぉ

年間437円の節税に必要な元金は?


7,300,000円 はい 730万円でつ

じゃ、年間2,000円の節税に必要な元金は?
3,650万円....


それだけお金があったら、ほかに儲け話があるんでないかい?


いや、その、見たことも無いので想像できません(大汗)



( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト



おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する