FC2ブログ

乾式クラッチプレート交換作業編最後(HyperMotard)

  • 2013-08-05 21:29:49 (Mon)
  • カテゴリ:バイク
なにごとも義務的なこととなれば、やる気もうせますわな
いかにバイクに乗るのが好きでも、それが仕事となれば、それはもう


その昔、バイク便のお兄さんとお話する機会がありまして
なんと、年間5万キロも乗るとか

通勤主体のσ(゚∀゚)ワタシは年間1万キロ
お兄さん曰く、人によっては年間10万キロもあるそうです
それって、人によっては、人生分の距離じゃねっすか?(笑)


さて、タイトルのことについてですが
前回はプレートの組み付け、一歩手前までの話

乾式クラッチプレート交換作業編その3(HyperMotard)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-857.html

今回はその最終編なんですが
なんかモチベーションが下がってしまい
テキトーに写真を貼って終わりにします(爆)

写真1
IMG_1723_R.jpg
プレッシャープレートスプリング
こいつで、プレートを押し付けてクラッチがつながるわけですので
こいつが減ったっていればフィールも落ちるというものですが

ご覧のとおり、ダストだらけ&自由長計測でも規定値以下(前に報告しました)

写真2
IMG_1735_R.jpg
交換後のプレートをセット

写真赤丸の部分にへこみがあるのですが
何のためですかね?

全部のドライブプレート(スチール)にこれがありましたが
交換前のプレートの組み付けを見ましたが、特にルールは無いようで

今回の組み付けにあたっては、少しずつずらして
ちょうど1週するように均等に分散しました

写真3
IMG_1722_R.jpg
プレッシャープレートの組み付け
この切欠きを合わせてくださいね

写真4
IMG_1737_R.jpg
組み付けたプレッシャープレートを横から見たところ
切欠きを合わせないと、もっと隙間があきます

写真5
IMG_1744_R.jpg
クラッチカバーのゴム
なぜか、うまくはまらない状況で
内側に落ち込んでしまい、プレートに擦れて減っています

組み付け作業自身に注意するべき点はそれほどありません
強いていうなら

スプリングの組み付けにおいては
対角上に締め付けはじめ
最少5、最大7、最適6のトルクをかけて締め付ける...


すいません
σ(゚∀゚ )オレ、ヘキサビットを持っていなかったので
トルクレンチはあったのですが、手トルクです(爆)


以上、組み付け完了!


さて、振り返って見るに
特に難しい工具も必要なく
簡単な作業で点検も可能な乾式クラッチですので

交換までやるかは別として
点検清掃は自分で実施してみることをお勧めします

今回の作業で、σ(゚∀゚)ワタシ自身も、クラッチの構造がわかり
それがゆえに「ああ、いま、ここのこの部分をこすっているのか」みたいな
そんな気持ちにもなれました


ところで
「なにごとも義務的なこととなれば、やる気もうせますわな」
ですが

あんなところを...
そんなふうに...
擦って、ヒイヒイさせてみたいのですが...

どーも、嫁との相性が悪いようで
どなたか交換してもらえませんか?

あっ、もちろん、(嫁ではなく)クラッチですが、それがなにか?


( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト



おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する