FC2ブログ

腫れてパンパンなんすけど!

あー、すっごく大きくなって
とっても腫れてますねぇ~~
こうするとどうですか?くちゅ、ぷちゅ



いてーんだよ!それ(涙)


(*´Д`)/ヽァ/ヽァ


前回の左下あごの虫歯に続き、右上の虫歯の治療にやってきた
虫歯の治療といっても、すでに神経は無く
業界用語でいう根治済

歯の根っこの部分を除き、すべて削り取り
根っこの中心部分をやすりで貫通させ
顎の骨まで到達する薬液処理済

つまり自分の歯としての虫歯治療の最終ステージまで実施した状態
これより先はブリッジかインプラントになる
そんな30年も前に治療済の歯の、歯茎が妙に腫れている

歯がぐらつき、かみ合わせのたびに痛かった
この夏は、この治療に歯医者に通ったのである

レントゲンを撮ったあと、写真を見た先生曰く
完璧に治療してあるのだが、年月のせいか、根っこの周りの顎の骨が炎症を起こしている

この状態の治療をするとすれば、金属をすべてはずし
根っこの奥まで掘りなおすことになるが
これで炎症が治まるかは不明

炎症の原因が根っこにあるのであれば
歯茎の腫れはひくかもしれないが
炎症により、弱まったあごの骨の完治は、自信の体質・体力による

そんな事前のダメ出しをうけて治療した結果
今にも崩れそうな歯の土台部分を丁寧に残し
金属をかぶせる治療に成功した

今では炎症もおさまり、ぐらつきも無くなっている



と、こんどは反対側の右上の奥歯が同じ症状
歯の治療状況も同じく30年前の作品(爆)


実はこの両歯の治療
現代の歯科医師が感心するほどの丁寧さで治療されていたのだが
義理の兄による施術であった

身内ですから、「完璧にやる」「金は要らない」「時間はたっぷりかける」の3拍子
そのおかげで30年余も、ろくにメンテせずとも使えた歯であったが
受け止めるアゴの方が加齢によりくたびれてしまったようである(汗)

今回の再治療により、あと30年持つ歯となれば....
いや、その前に天寿をまっとうしているはずだ(爆)

IMG_1963_R.jpg

さて、写真はσ(゚∀゚ )ワタシのコレクションの中のお気に入り
日夏ともえ さんである

この写真がなぜ?と思われるかも知れないが
実は写真のエプロン
今通っている歯科医院のユニホームに同じなのである

実に、歯茎じゃないところが腫れてしまいそうで怖い



( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト



おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する