FC2ブログ

ローテクヘルメット修理

  • 2013-11-19 23:20:18 (Tue)
  • カテゴリ:バイク
ご注意
今回のネタは完全に「だれがやるんじゃい!そんなこと」
というほどみみっちい話なので、読み終えてがっかりすること請け合いである

さて、現在我が家には4つのヘルメットがある
いや、嫁のまぼろしの中型自動二輪免許取得祝いに購入したAGVを含めれば5つ

あたらしい順に
1.Shark
2.Ducati Araiコラボフルフェース
3.Ducati Araiコラボモタード
4.Arai そのまんま

3が08年にHyperMotardを購入してすぐに買ったものだからすでに5年
4は、そのはるか前から使用していたから10年?

こうして振り返るとほとんどArai

Araiヘルメットのよいところは洗いやすい
#Arai安いではなく

インナーが簡単にはずせて、お洗濯も簡単
なにも、本気で洗わなくとも
漬け置きだけで十分きれいになる

なので10年選手のヘルメットですが
くたびれ感はあるものの現役

ただし、当然のことだが
発泡スチロールのへたりが進んでいるので命の保証はない!

それでも、しっくりする感覚があって
出勤時の「今日はどの靴にする?」ぐらいの感覚で
4つのヘルメットから選ぶ確率は10年選手のAraiがなぜか多い

#ちなみにσ(゚∀゚)ワタシ、靴は1足しか持っていないので選ぶことは無い!

そんな10年選手のアライヘルメットの弱点は、見た目ではなく、チンガードの内側にある


写真1
IMG_2254_R.jpg
写真はすでに発泡ウレタンを張り付けたもの(修理後)だが
写真の下の方の光沢のある布の部分がオリジナル

エアインテーク部の上の艶消しの布のところが
手で持ち運ぶときにすり減ったところ

ほとんどの方がヘルメットを運ぶときに
チンガードをわしづかみにしていると思う

これにより、内側のコーティングされた布の部分がヘタってきて
最後は、心材の発泡ウレタン部分までボコボコになる

こうなると、鼻先の息がかかって曇ることを防ぐノーズガードが
ウレタンとFRPの間に挟んであるのだが、簡単に抜け落ちてしまう

走っている途中にこの抜け落ちが発生すると
付け髭がはずれたひげオジサンなみのかっこわるさ
というか、視界に邪魔になってしょがない

写真2
IMG_2249_R.jpg
そこで私のなんでも倉庫であるジョイフルホンダにご相談
厚さ5ミリの発泡ウレタンを見つけた

実際に使うのは長さ6センチ、高さ3センチ程度なのだが
20センチ四方のを200円程度で購入
こいつを適当に切り取って

写真3
IMG_2250_R.jpg
こんなふうに両面テープで貼りつけた

完璧!

ノーズガードもずれ落ちることもなく
多い日も安心の夜用な感覚である(謎)

よし!あと10年は使える
#いや、あと3つもヘルメットがあるんだからやめなさいってば(笑)

( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト



おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する