FC2ブログ

クラッチプレートの組戻し(HyperMotard)

  • 2013-12-24 23:03:03 (Tue)
  • カテゴリ:バイク
いくぶん滑り始めて10キロ、さらに10キロで完全に駆動できなくなったHyperMotardのクラッチ
前回記事にコメントをいただいたように、乾式クラッチとは滑り始めるとあっちゅうまらしい

ここでおさらい
やっちまったクラッチ(HyperMotard)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-939.html

前回シリーズにも書いたように、この交換は品番を間違えて発注
滑り始めた純正クラッチを精査し、いけると判断し
動くからいいやと過ごして5カ月後に発生した事象である

ここに根本的な間違いがある(笑)

品番を間違えたクラッチの「新品」のクラッチ厚と
すでにすり減り加減な純正クラッチの厚を比較し
「同じ厚みだからいいや」って、オイ(爆)

算数以下のσ(゚∀゚)ワタシの脳みそを露呈しております



そんな中、本件に対する対策を講じるべく
ネットを彷徨っておりましたところ
モトコルセ様にて、「期間限定下取りセール」なるものを発見!(12月25日まで)

STM様のスリッパ!じゃなくて、スリッパークラッチを大幅値引きでのご提供とか
でもね、元値が神値段なので、私にはo(゜Д゜;)っ”ムーリ!
つか、σ(゚∀゚)ワタシのような下層民が、出入りできるお店ではございません

なにしろ、至宝の宝石、アグスタ様をお取扱いのお店です
入店前に、黒服におっぱらわれること間違いございません<いや、ディスコじゃねってば

では、組戻しの話をすすめます
写真1
IMG_2385_R.jpg
ダストてんこ盛り!

写真2
IMG_2387_R.jpg
こんなところにまでダストが

写真3
IMG_2388_R.jpg
心配していたスプリングの自由長ですが、規定値の41ミリよりわずかに短い

写真4
IMG_2390_R.jpg
前回、取り外しに苦労したプレッシャープレートですが
プレートにスパナをかませ、プッシュロッドを打ち込めば簡単に外せました

写真5
IMG_2391_R.jpg
中心のプレッシャープレートベアリングが気になります


写真はここまでで、続きは次回

で、気になることを何点か

20:39 2013/12/25 以下の各所にて言葉足らずの部分を捕捉訂正しました
Ducatiの乾式クラッチの機構について考えてみますと
握ったクラッチが、スレーブ(奴隷=従属者)シリンダーを押しだし
クラッチのプッシュロッドを押し出します

押し出されたプッシュロッドは、クラッチプレッシャープレートを
クラッチディスクを解放する方向に動きます
この時、プレートは回転していません

ギアをニュートラルにし、クラッチレバーを離せば
プッシュロッドが引っ込み、テンショナースプリングにより、
プレッシャープレートがクラッチプレートに圧着されますので

プレッシャープレートはクラッチプレートともに空転しますが
仮に、プッシュロッドとプレッシャープレートが直結していると
そのままでは、プッシュロッドも空転してしまいます

そこで、用意されたのが、プッシュロッドとプレートの間のベアリングです
こいつにより、プッシュロッドが空転しないようになっています

万一、このベアリングに不具合があって
プッシュロッドがとも回りをし始めれば
プッシュロッドがスレーブシリンダーにドリル攻撃をすることになり

それこそ、スレーブシリンダーは
発熱やゴムリングの疲弊に耐えられません
#σ(゚∀゚)ワタシのHyperMotardはこれが原因でスレーブシリンダーを交換しました

ですので、クラッチプレッシャープレート中央にある、ベアリングに損傷があると
クラッチシステム全体が受けるダメージは大きいのではないかと推察します


このことについてググったところ
1.プッシュロッドについているOリングは熱変成で要交換
2.プレッシャープレートのベアリングがゴロゴロしていたら要交換
ひどい場合には、クラッチが焼き付く
などとありました



なんか、思いっきりハードル上がってますが(汗)


( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト



おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する