FC2ブログ

100均素材でハンドルカバーをつくってみた (HyperMotard)

  • 2014-01-01 18:07:00 (Wed)
  • カテゴリ:バイク
あけおめことよろ

大晦日、元日ともこちら関東地方では風も無く穏やかな日が続いています
この陽気ならバイクでもちょっと遠出ができそうではありますが
なにかと交通事故の多い時期でございます、遠出は控えております

穏やかな日が続くと申し上げましたが
実は本当の寒さはこれから
一年で一番寒いのは2月

去年の冬は通勤快速AddressV125Gに大型シールドをつけ
電熱グローブ全開(バッテリ直結)により乗り切りましたが
エンジン焼き付き修理のためドック入りしたまま

そこで、一念発起しまして、HyperMotardにハンドルカバーをつけることにしました

実はσ(゚∀゚)ワタシ、ラフ&ロードだかの大型バイク専用のハンドルカバーを持っています
持っているのですが、HyperMotardにはつけられない
というか、HyperMotardって、ナックルガードが着いているのでどんなものも無理

ついでを申し上げますと
あのナックルガード、寒さ対策には一切寄与しません

そもそも、オフ車のガードは、飛び石の直撃やブッシュからの保護であり
風よけではありませんし、なにしろHyperMotardのあれはナンチャッテガードです
何かにぶつかると一番最初に壊れるガードって、何を守っているんじゃい(爆)

そんなナンチャッテガードではございますが
あのデザインこそがHyperMotardのHyperMotardらしさでもあります
見えずらいミラーとともに、決してこれをはずすことはできないと考えています


そんな中、いつも寄らせていただいているのすけさんのページで発見
http://ameblo.jp/xazexo/entry-11738809270.html

かっこいい!じつにスマートな仕上がり
これ、パクらせてもろおう
と、近所の100均を探しましたが

どうしても大きいサイズのクッションケースが見当たらない
のすけさんのHyperMotardは、トップの写真からするとガードが着いていないが
σ(゚∀゚)ワタシの計算では、少なくともB4サイズ以上のケースが必要

失意のまま100均を出ようとしたそのとき
IMG_2486_R.jpg
アルミコーティング保冷バッグ 発見!!(^^)!

大きさはどんぴしゃ
「2リッターペットボトル2本が入ります」

幅30センチ、高さ34.5㎝、まち14センチの大型バッグ

ただし、用途がピクニックなどですので
どうしても華やかな柄のものしかありません

しばらく悩んだのですが、σ(゚∀゚)ワタシのように純正スタイルのままでは
どうしてものすけさんの例のようなシャープなスタイルにはならない

取ってつけた感が否めないのであれば
むしろ派手に、目立つような方向でいったほうがよい
という結論にいたり、お買い上げ、2つ合計200円です(笑)

取付は完全に現物合わせ
マスターシリンダーへの配線や、リザーバータンクの取り回しなど
右と左で違いがあることから、むしろ寸法を決めずに作業したほうがうまくいきます

用意するもの
1.保冷バック2つ
2.ハサミ、カッターナイフ
3.ガムテープ(補強や接着に使います)
4.適当な長さののタイラップ
5.ホッチキス

写真1
IMG_2487_R.jpg
ブレーキ側の加工です
写真の下側がバーエンドになります
サイドのバーにタイラップをかけるため、ガムテープで内側から補強

フロント部分も同様に補強

ミラーの付け根のガムテープは、タイラップをつけようと補強したのですが
結果的には十分にずれない位置決めができていたのでタイラップしませんでした

写真2
IMG_2488_R.jpg
タイラップはフロントとサイドの2か所のみ
これで十分に固定されています

写真3
IMG_2489_R.jpg
ウインカーの部分をカッターで目印をつけます
切り取るのははさみのほうがキズが付かなくてよいでしょう
黒いタイラップはオサレでないので、ピンクのガムテープで隠しつつ補強

切り裂いて重ね合わせたところはピンクのガムテープを貼るまえに
数か所をホチキスどめしています


写真4
IMG_2490_R.jpg
はっきりいってデカイという印象(笑)
しかし、この大きさが手の出し入れに気を使わないいいところ

試運転の結果ですが
思いのほか風圧による型崩れがありません
圧がかかる部分は、ナックルガードに密着しているわけですから当然ですが

もっと風に押しつぶされて、ハンドスペースが無くなるとか
走行中に手を出したら、風圧で潰れていて、再度手を入れるのに難儀するとか
そんな心配をしていたのですが、まったく問題なし

そしてなんといっても、あったかぁーい!
なにしろ保冷バッグですから、断熱も防水も十分
そして、コストもたったの200円

盗まれる心配もなく
惜しげもありませんが(爆)

のこる問題はただひとつ


これを「かっこいい」と念じる自己催眠にどこまで深くかかれるか!



みなさんも是非「おつきあい」ください(爆)

( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト



おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する