FC2ブログ

AddressV125G改161の軽二輪登録準備OKよ!その3(AddressV125G)

  • 2014-01-20 21:41:10 (Mon)
  • カテゴリ:バイク
さて、前回の続きだ

AddressV125G改161の軽二輪登録準備OKよ!その2(AddressV125G)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-958.html

前回は原付の廃車申告受付書により
原付としては廃車済であり
かつ、その所有者がだれであったかがわかる話をした

ただし、これから登録しようとする名義と
原付のかつての所有者が違っていれば
当然に譲渡関係の書類が必要となる


ここで前回の画像2を思い出してほしい
SCN_0021_R.jpg

○ボアアップでの登録に別途必要な書類(前回画像2の説明)

①の説明がよくわからない
①交換部品の販売証明
・ネットで購入した場合など、販売証明が無い場合、理由書に記入
・中古の場合、軽二輪の返納証明書

中ポツの2つめは、どう読み込んでも
軽二輪の登録のあったものは、ちゃんとナンバーを返してこい!
そしたら「返納証明がでる」やさかい、しっかりともってきーや、となる

ただし、どんなに考えても、タイトルの「交換部品の販売証明」に一致しない

中ポツのひとつめはタイトルに一致する
交換部品を使って(軽二輪として初めて取得したことになる場合)交換部品の販売証明が必要
ただし、ネットで購入などにより、販売証明が入手できない場合は理由書を用意しろ

実は事前の相談のときに「こういうことでよいか」と確認したのである
そのついでに、「理由書の様式や記載例はないのか」尋ねたが用意がないとのことだった

理由書のイメージが湧いてこない
だって、交換部品をどのように入手したかの理由を書く前に
「物」の説明がなくちゃ説明にならない


そこで、次の②にすすむ

②改造に関する申立書(誓約書)
・車名、車台番号.....(中略)排気量はいくつになった。
・使用に当たり....(中略)自己責任を誓う。

なるほどここに「物」がでてきた

そこで、「理由書」については、ほんとにあっさり、入手の経緯だけを説明するにとどめ、申立書(誓約書)において、「物」の説明があればよいと判断
提出せよという書類の指示があるのに、出さないというのは
失点となりかねないので、「作るだけは作った」ふうにすることとした


参考までにこれらの(画像)ファイルを上げておく
a交換部品の販売証明(理由書)
理由書


b改造に関する申立書(誓約書)
誓約書


c諸元表
諸元表

※実は、画像2の説明文書に無いのだが、重要なのがcの諸元表
これは、メーカーのホームページなどにあるので、ぜひ自分で新旧比較表としてつくること


③軽自動車税廃車申告受付書
これは冒頭にかいたとおり

④はボアダウンの話なのでパス


○ここで②改造に関する申立書(誓約書)に話をもどす
役所としては安全な軽二輪でないと登録させたくないわけだ

なので、少なくとも販売実績等がある程度あるものであれば安心らしい
逆に「全部自分で設計整備しました」などと言う場合
まじ「構造計算書出せ」とか言われるかも知れない(笑)

ここはぜひ、有名どころメーカーのパーツの資料をフル活用しよう

今回のキット品には、組み立て説明書や
製品のスペック説明書が充実しており
ボアやストロークも明示されていた

こうしたものが無いと、一説にはノギスでピストンをはかった写真を添付するなどの
工夫が必要などとあったが、土浦の陸事ではメーカーの書類だけでokだった


以上で、ボアアップによる登録に別建てで必要になる書類の説明は終わりだ

話は前回画像1の一般的な軽二輪登録に必要な書類の説明に戻る

3.自動車重量税納付書

と、続きはこの次にする


( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト



おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する