FC2ブログ

HyperMotardナックルガード修理ふたたび

  • 2014-01-28 20:39:57 (Tue)
  • カテゴリ:バイク
去年の12月に件名のことについて修理を実施した
その時の修理がいい加減であったことを書いた
今回はそのリベンジである

さて、前回記事
ナックルガードミラーを修復してみた(HyperMotard)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-936.html
では、そのいい加減な修理から

>そこを無理して押し当てたものですから
>上側のツメがポッキリ!

という状況でした

その前の修理がかなりうまくできたため
接着剤でPP樹脂をくっつけ
エポキシパテで「ツメ」をつくり

たったこれだけで1年以上の長持ちだったところですが
振動により、ツメの部分が割れたので
修理をしたのが前回の話

最初の修理の時は、目検討でパテをもり
固まったパテを慎重にルーターで削り出したことから
ドンぴしゃにハマったのですが

この作業に、あまりにも手間がかかるため
前回の修理では、ナックルガードの受け側に
パテを詰め込み、バーエンドを押し当てて

形ができたところで硬化させ
テキトーにルータで削って、あわせていたら
ツメがポッキリしてまったのです

写真1
IMG_2553_R.jpg
さすがに下側のツメだけでは、ハンドルの振動に耐えきれず
約1カ月でガタが来てしまいました

セットする時点で上側のツメは割れていたのですが
ガタがきてひどいので、ガードをはずしてみたら
下のツメも割れていました


写真2
IMG_2555_R.jpg
ナックルガードをはずし、古いエポキシパテをルーターで削り取ります


写真3
IMG_2557_R.jpg
今回の作戦は....

手抜きでGo!


前回の失敗は、エポキシパテを盛り
型押しの要領で成形し
これを「はずして」硬化を待ったことにより

型から外した際の「離型」がぐすぐすになってしまい
結果として、セットするときに、うまくおさまらなかったところです

そう!はずすからだめなんです


ということで今回は

写真のように、まずナックルガードを養生テープで決まった位置に固定
普通にバーエンドの固定ボルトを締めこみ
ナックルガードの受け部分と、バーエンドの隙間に

エポキシパテをひも状にして練りこみ
マイナスドライバーでねじ込み
切り出しナイフで余分な部分を切り落としました

作業時間はわずか3分(笑)


実はこの作業、今月の上旬に実施済で
そのあと通勤で100キロほど走っているのですが
まったく問題なし!

安定状況が確認できたので
表面にヤスリをかけて、タッチアップの黒で仕上げる予定です

唯一の心配事は....
あんまりぴったりで抜けないこと(汗)

まぁ、そんときはルーターで削り出すか
交換用のProTaperのハンドルは購入済なので
ハンドルを切り落とします(笑)

( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト



おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する