FC2ブログ

チップ型LEDによる高密度ウインカー自作その1(HyperMotard)

  • 2014-02-19 22:40:53 (Wed)
  • カテゴリ:バイク
さて前回の続きである


チップ型LEDによる高密度ウインカー自作序曲(HyperMotard)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-981.html

○まずは購入した材料
LED GM5ZV01200A 高電流高輝度高指向琥珀色発光ダイオード アンバー
シャープ製 チップLEDに分類されるが大きさは約6ミリ角
2.2Vで駆動し60mAを流せる指向角度120度

CRD S135T CRDでは有名な石塚電子のものと思われる(新社名Semitec)
4.3Vで駆動し15mAを流せるので、LEDに合わせ4個並列の予定

基板 秋月オリジナル 両面金フラッシュSMDプロトタイピングユニバーサル基板 0.3mm厚Cタイプ72x47mm
おもて面が表面実装用のランド約2ミリ×1ミリ
裏面が生基板でスルーホールなし


○回路と実装
おもて面にチップLEDを高密度に配列し、約70ミリに3個直列を3並列
裏面にチップCRDを1直列あたり4つ、これを3並列
LEDの厚みが2.4ミリ、基盤が0.3ミリ、CRDが0.7ミリ合計3.4ミリになる

これを5ミリ厚のアクリル板を7センチ×1センチに切り
約4ミリほど掘り込み、ケースにしようと考えている


○工作準備
まずはチップの動作確認
IMG_2711_R.jpg
LEDは品物ごとに不良が発生している場合があるので
事前にテスターで品質の確認

この段階で極端に暗いものや色が違うものをはじく
IMG_2712_R.jpg
チップ型なので、すずメッキ線で足にする

つづいてチップCRDにマーキング
IMG_2718_R.jpg
定電流チップのCRDには極性がある(LEDにも)
実はこのチップCRDの極性を示すカソードマーク
あまりにも小さくて購入した2.5倍のルーペでは見えない

そこで、白マジックで強調


○続いて基板の作成
前回写真では4段としたが
実際には3段7ミリが正解
LEDが6ミリ角だから、本当にギリ!
IMG_2719_R.jpg

約70ミリの基板にLED9個を並べたところ
#写真でのLEDの向きが90度間違っています、左に90度回転が正解



表面がほとんどLEDで埋まってしまいますので
定電流チップは裏面に実装します
ただし、裏面は生基板なので加工が必要

その加工ですが、ド素人ならではのトライがありまして...

詳しくはWebで!
じゃなくて、次回ね(笑)


( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト



おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する