FC2ブログ

TAKEGAWAのサブコンを防水してみるその1(Address)

  • 2014-04-17 22:23:11 (Thu)
  • カテゴリ:バイク
昨年の11月に自らの仕事の失敗でクビ寸前までいき
今年の2月には、同じく11月の思いがけない地雷を踏んで追加の処分を受けたσ(゚∀゚)ワタシ
この春の人事異動では、いよいよ本格的な終身遠島の刑が確定し、一日8時間のうち7時間は立ちっぱなしなフロアのお客様係となっています

つい数か月前までは年間85億円の金を動かしていた人間が、今では年間ゼロ円のお客様係というギャップに、ショックというより、他人事のようで笑えてしまう今日この頃です(笑)

まぁ、そんな過去のことを思い出しても
未来は何もかわりませんので、ケセラセラでいきましょうや


○ということで、本日のお題はTAKEGAWAのサブコンの防水です


σ(゚∀゚)ワタシのAddressV125G(K9)は、TAKEGAWAのボアアップキットで161ccにボアアップしていますが
このキットにはFIを調整するためのサブコンがついてきました

ボアアップに伴い、圧縮比の変化などもあり、ガソリンもハイオク仕様となっており
当然にノーマルのFIのままではまともに爆発しないということらしいです

通勤快速のAddressくんですので、本来はボアアップなどする理由もなかったところですが
ビーフラインを攻めちゃうぜひとりツーで、オイル不足による焼き付き&バイク屋にピックアップを依頼した経緯もあって、廃車か修理かを選択するなか、ボアアップに至ったところです

ボアアップにおいては、焼き付きによるクランクシャフトのダメージもあったため
この交換を含め、全部バイク屋にお願いしました

この時のバイク屋の提案で、サブコンのセッティングはメーカー標準でも十分に安定しているが
好みのセッティングが出るまでは、ご自身でいじれるよう膝元にマウントしてはと納車されたものです
ただし、取説にもあるように、このサブコンは完全防水ではないので何らかの防水対策が必要

こんな説明を受けて、しばらくはビニール袋をかぶせてごまかしていましたが
改めて防水対策を施すことにしました


○材料
100円均一のタッパー
シリコンコーキング


写真1
IMG_2789_R.jpg
まずは、仮の完成写真
Addressのフロントラックには、ショッピングバックをひっかける部分があり
ここにETC用のステーをねじ止めし、サブコンを固定しています


写真2
IMG_2782_R.jpg
防水加工には、すでに組み付けてある配線を抜かなければなりません
そこで、フロントラックを分解し、配線を引き抜く作業となりました
写真はフロントラックをはずしたところですが
ここに至るには、フロントカバーをはずし、ラックの固定ボルトを抜く必要があります


写真3
IMG_2784_R.jpg
このコネクター部分
フロントもメインハーネスとの結線は、このコネクターで実装されていました


写真4
IMG_2785_R.jpg
メインハーネス側からはこんな感じ


写真5
IMG_2787_R.jpg
100円均一のタッパーに穴をあけて、はずしたコネクターを通します
あとは、この穴をシリコンコーキングで埋めれば、約一晩で硬化し、写真1のように...


これで「多い日も安心」なはずだったのですが...

横漏れはげしす!


雨の日の翌日には、タッパーの中に水が溜まっておりました(涙)


さらなる対策については、その2につづく
( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト



おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する