FC2ブログ

AddressV125Gブレーキ強化その3(Address)

  • 2016-10-16 09:14:04 (Sun)
  • カテゴリ:バイク
さて前回は
AddressV125Gブレーキ強化その2(Address)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1108.html
にて、ブレーキホースをステンメッシュホースに換装したところまで書いた

正直にいって、ステンメッシュに換装した効果がどれほどかわからない
コーナー入口の軽いブレーキングではほとんど違いはないように思う
強いブレーキングの、最後のがつん!の部分では強化されたような気もする

今回はそんながつん!のエピソードをひとつご案内する


○おさらい
今回の一連のブレーキ強化だが
1.ブレーキディスクを200mmの大口径化
KN企画のキャリパーサポートセットもの

2.ローター交換ならパッドもね
ベスラのレジンパッド、減りは早いかもしれないが食いつきを狙ってみた

3.キャリパーはノーマルのまま
大口径化により、キャリパーサポートによるオフセットされ、マスターから遠くなった

4.ブレーキホースのステンメッシュ換装
キャリパーが遠くなったので、フロントフォークのストロークで変なテンションがかかるかもしれない
そんな気がしたのでホースを長くすることが目的

実測で80cmから86cmになったはずだが
ホースの取り回しや、曲げ特性から+6cmの実感はなく
まさにぴったり!って感じ


○大口径化の効果
はい、充分です

ノーマル時の不満であったところは
例えば信号待ちの列に近づいて最後の5メートル
「えっ、止まらねぇ」というところ

特に雨天時は、フロントブレーキをどこかに忘れてきたか?
ぐらいに止まらず、慌ててリアで止まること多数
これが皆減いたしました

今回のブレーキ強化策
お金なら銀行にいっぱいあるヨ!<σ(゚∀゚ )オレのじゃないけど...のσ(゚∀゚)ワタシ
本当だったらキャリパーを含めて全とっかえをもくろんでいましたが

販売店での「ブレンボカニの効果」を聞いた時
「利きません」といわれて中止した経緯がありますが
キャリパーはノーマルでも十分満足しています


○ステンメッシュホースの効果
冒頭にも書きましたが
最後のがつん!が期待できるのはブレーキングに余裕が生まれます

まぁ、パニックブレーキなんて、一年に何回もかけることはないと思いますが
いざというときに確実に止まれるからこそ
よりアクティブな走りもできるというもの

この、心の余裕というのは大きいですよ


○ジャックナイフ
長いことAddressにのってますが、初めて経験しました(汗)
ただし、雨天の夜の出来事です

雨の夜の県道、信号待ちからダッシュしていい感じのところ
対向車線の大型トラックが近づいてきました

すると、進行方向(自分の路線)の路面にライトが当たっている
野郎、まさか!出てくんな!
対向車とすれ違うと同時に、路肩から乗用車が飛び出してきました

教習所といわず、小学校でも、道路に出るときは「左、右、左」を目視でしたよね

乗用車は、左を見たときにσ(゚∀゚)ワタシを見落とし
右からくる大型トラックをやり過ごし
左を見ることなく路上に出てきやがった

「やな感じ」を感じたのが20mほど手前
フロントでパニックブレーキ
すると、リアが左右に暴れだしました

本来ならここでフロントブレーキを解放して
バイクを立て直したいところですが
目の前には飛び出した乗用車の鼻先が対向車のトラックのケツに見えています

いよいよか、と最後のがつん!で
生まれて初めてAddressでフロントロック!
ほぼ横倒し状態になったところで、路面を(蹴)

と同時に、摩擦の無くなったフロントブレーキをあきらめて、リアをフルブレーキ
リアブレーキはすぐにロックするも、バイクがまっすぐに起きたので
再びフロントブレーキで減速

幸いしたのは、飛び出してきた乗用車が
右折合流ではなく、反対側のコンビニ駐車場へ向かっていたこと
乗用車は路上にとどまることなく、猛スピードでコンビニに入っていきました

この間、Addressは停車することなく
乗用車のケツをかすめるように進行し
ぎりぎりにすり抜けることができました

今回、もしもノーマルブレーキのままであったら
飛び出してきた乗用車のどてっぱらに突っ込んで
σ(゚∀゚)ワタシはお空を飛んでいたことでしょう

(すいません、激しいブレーキングではありましたが、ジャックナイフではないですね)


○おまけ
ジャックナイフに限らず、ハイサイドとか
バイクにはその運動特性から様々な現象を現す言葉があります

特にレースの世界では、プロであっても制御しきれない
そんな様子を表す言葉として使われます

我々も、ついそんな言葉を使ってしまいますが
リアブレーキをロックさせて、もんどりうったのをハイサイドとは言いません(爆)

でもσ(゚∀゚ )ワタシ
本当にジャックナイフを経験したことがあるんです(自転車ですけど)

中学生の夏休み、市民プールからの帰り
着替えるのが面倒だったので、なりは海パンのまま、ジーンズをプールバックに入れ
プールバックを自転車のハンドルにぶら下げて猛ダッシュ!

がつん!という音がしたと思ったら
そのまま、体が前に回転して、空中で2回転
路面にたたきつけられたときに、偶然受け身がとれたので大きなけがはなし

原因はなんと、ハンドルからぶら下げたプールバックが破け
中に入れてあったジーンズのベルトのバックルが
フロントフォークとスポークにに挟まれて、フルロック状態

自転車ですから、速度はせいぜい20-30キロでしょうけど
あれが本当のジャックナイフだと思います(爆)

あんな経験、バイクじゃやりたくないよ

( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト



おもちゃ箱
Count from 2010/01/14:
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する