FC2ブログ

PCX150にリアキャリアをつけてみたその2(PCX150)

  • 2019-01-03 01:26:10 (Thu)
  • カテゴリ:バイク
さて前回は
PCX150にリアキャリアをつけてみたその1(PCX150)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1221.html
にて、リアキャリアを取り付けるグラブレールカバーのパネルを取り外す手順について書きました

写真1
PCXリアキャリア001
リアキャリアを取り付けるカラーを置いてみました
カラーは2種類。前方に短いカラー、後方に長いカラーを使い、キャリアを前傾させて取り付けるそうです
ところで、いくらキャリアで見えなくなるとはいえ、なんかさみしい風景です

写真2
PCXリアキャリア002
オリジナルのパネルをつくることにしました
型紙をおこして

写真3
PCXリアキャリア003
百均で買ってきた下敷き(PVC)にはり
カッターで外周をひっかいていきます
この素材は折り曲げると簡単に割れますので、カッターで切るのではなく、傷をつけて折りとる算段です

写真4
PCXリアキャリア004
余分な部分は、写真のように本体部分から外周に向かって切り込みをいれ
外周部分でこの切り込みを上下に引き裂くと簡単に割れてくれます
割れた部分を型紙の外周を手で押さえ(保護)ながら、上下に揉むと簡単に型どおりに割れてくれます

直線部分はいっきに割りとっても問題ありませんが、カーブの部分は折りとる幅をせまくしてください
さらにカーブがきついところは、同様の作業を折り取った部位の中で繰り返すとよいでしょう

写真5
PCXリアキャリア005
仕上げはホームセンターで購入(大枚680円)した外装用シールです
百均で下敷きを買うときにカーボン調シールを手に取ったのですが
ボディーのパールホワイトにちかいものを求めて高級品を購入しました

写真6
PCXリアキャリア006
切り出した下敷きに合わせてシールを切り出し
外周の折り返し部分に切れ目を入れていきます
写真では折り返し幅を短くしていますが、正直、カーブのきついところは折り返し幅をもっと長く
放射状の切り込みは間隔をせまくしないと、シールの素材自身に腰があってうまく仕上がりません

写真7
PCXリアキャリア007
どうでしょう!
本物そっくり

写真8
PCXリアキャリア008
痛恨の失敗でこんなんなりました
本来なら下敷きにシールを貼る前にリアキャリアのカラーを通す穴を加工すべきでしたが
酔っぱらった勢いで先にシールを貼ってしまったのです

構想ではドリルで穴をあけ、外周と同じように折り取る予定でしたが
シールを貼ってしまって、作業性が著しく悪く、穴の外周もカーブがきついことから
この方法ではうまくいきませんでした

私は試しませんでしたが、はんだごてなどで穴の外周を溶かしてしまうのもいい手かもしれません

取付は厚めの両面テープで張り付けておわりです

さて、次回はいよいよR-SPASEのリアキャリアを取り付けていきます

( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト



おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する