FC2ブログ

リザーバータンクが空だ!その2(HyperMotard)

  • 2015-08-25 22:28:09 (Tue)
  • カテゴリ:バイク
さて、前回のご報告でリザーバータンクのフルードがすからかんになってまった話をした
その中で
>Ducatiはすでにクラッチプッシュロッドの供回り対策品を出していたのですね
>#この件については、別途別記事を書きます
としました
今回はこのことについて少しお話をしようかと思います

なお、今回のお話は全て未確認です
いつもはディーラーで聞いた、ショップで相談した話を書いていますが
今回はあくまで、ネットに転がっていた話だけで書いています>そのへんお察しください


○乾式クラッチ絶命のはなし
実はσ(゚∀゚ )ワタシ、すでにこの件でクラッチシリンダーを交換した経験があります
そのときの症状は、信号待ちでローギアでクラッチを切っているのに、クラッチが繋がり始めるというもの!

いそいでニュートラルにして、クラッチを握りなおすと改善しました
これって、どう考えても、マスターかスレーブのシリンダーポンプの故障だwww

で、ディーラーさんに相談したところ、クラッチロッドの「供回り」により
クラッチスレーブシリンダーのシールが破損する例が報告されているとのこと
(σ(゚∀゚ )ワタシのHyperMotardは2008年式で、この相談は2011年ごろ)
純正では、シール部品は出ないとのことで、シリンダー全とっかえしかない

ネットを検索すると、やはり「持病」との報告が多数あり
たまたま見つけた杉並区にある有名店さんが出したヤフオクの中古シリンダーをゲットし
交換したところです

出品者であるジャ○ロさんも、その不具合については承知しており
「消耗品とあきらめて交換するしかない。社外品に換装という選択もあるが、純正にこだわる方には中古という選択肢もある」とのコメントがあった。


○具体的な不具合とは
Ducatiの乾式クラッチの動きをσ(゚∀゚ )ワタシの動画で確認されたい


動画中約40秒あたり、クラッチを完全に切ると
クラッチプレッシャープレートの回転が止まる
逆に、ギアをニュートラルにしてクラッチを離すと、プレートが回転する

どの時点でクラッチロッドの供回りが発生するのかは不明ですが
クラッチを切りに行く時点では、プレートは回っているわけで
シリンダーがロッドを押す、回っているプレートに引きずられ...

てなことなのか?

クラッチロッドが回れば、それを押し出しているクラッチシリンダーも回転
シリンダーまわりのフルードシールも摩耗というのが故障原因の推測

このへんのことは、すでに当時AERAさんが対策品を出していましたね
クラッチロッドのプレート側に、ジョイントボールを入れるやつ

ただ、本来であれば、クラッチロッドとプレートは、ベアリングにより
自由になっており、供回りは発生しない「想定」なのですが
ディーラーさんの当時のお話では、「クラッチダストが邪魔をするのかも」ということ

オープンクロッチ....もとい!
オープンクラッチカバーの諸氏には関係の無いはなしですが
純正の、フルカバーのクラッチカバーの方は要注意
(σ(゚∀゚ )ワタシもそれですが)

純正クラッチカバーで1万キロも走れば
「インスタントお好み焼きの粉をうっかりぶちまけたのか?」ぐらいにダストが出ます(笑)


○対策品
いきなり社外品にがぶりよりでもいいのですが
σ(゚∀゚ )ワタシの場合、なぜその社外品にしたのかという理由が欲しいところ
外装品の場合は「安いから社外カーボンにした」という事実もありですが(゚-゜)\バキ

普通なら、ディラーさんに相談にいくところですが
「顧問料」もしゃくなので、ネットで情報検索
純正パーツを扱う内外のサイトをチェックしているうちに不思議なことが...

HyperMotard2008のパーツリストによれば
クラッチスレーブシリンダーは:195.4.003.1A Piston assembly
とあります

パーツ検索は、区切り文字の「.」を除くのが常識なので19540031Aで検索すると...
某、米国純正パーツネット通販業者では、「それは次のリビジョンに移行している」とな
注意:eBayとかでは今でも旧型中古パーツを売っています


○調べた結果
2012年以降は、旧型車向けにも、クラッチシリンダー、クラッチロッドなどをセットにした対策品が供給されているもよう

具体的な報告はここが完璧(勝手リンクご容赦)
DUCATI クラッチレリーズ最新事情(2014/8/10(日) 午後 8:28)
http://blogs.yahoo.co.jp/smart_ducati/32999948.html

概要を言えば
クラッチロッドに回転防止ピンを設け
あわせて、クラッチシリンダーに、これを受ける樹脂パーツを組み込むことにした
シリンダーには樹脂パーツをはめ込むスペースを設けた

これにより、クラッチシリンダーは従来品との互換性がなくなり
旧型クラッチシリンダーの交換には、この一式セット交換が必要となる
価格は約2万円...

実はこの話、あのAERAさんもしているのですが
不具合の背景についての言及がないのでちんぷんかんぷん
http://www.casuno.com/blog_aella/aella%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%AF%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB/

まぁ、情報は(ディーラーや、専業の方に)金で買えということですかね(笑)


○おわりに
はい、2012年以前の乾式クラッチオーナーさん
時限爆弾ですよ(笑)


( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1098の時は パパのお奨めで
AERAのジョイントボールを入れてました

結果、キレは良くなりました~
値段も工賃込みで8000円程
でしたよ~
(^з^)-☆

Re: タイトルなし

> 1098の時は パパのお奨めで
> AERAのジョイントボールを入れてました
>
> 結果、キレは良くなりました~
> 値段も工賃込みで8000円程
> でしたよ~
> (^з^)-☆
フルードを足してみたら走れた!
で、この夏はあまりの暑さにほぼ放置(汗)

どこから漏れているのか
涼しくなったら検証してみますね

一式交換かなぁ
おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する