FC2ブログ

AddressV125Gのリッドメンテナンス強化(Address)

  • 2017-02-08 21:49:18 (Wed)
  • カテゴリ:バイク
リッドメンテナンスといってもさっぱりなんのことやらなσ(゚∀゚)ワタシですが
ようは、シート下の盗難防止U字ロックを止めておくところのカバーなんですが
σ(゚∀゚)ワタシ、このパーツを諸般の事情によりアルミメッシュに交換しています

交換した理由は、過去にも書いた気がしますが、おさらい

ボアアップしたσ(゚∀゚)ワタシのアドレス
ハイオク仕様になりまして
夏には猛烈に油温が上がります

正確なデータは持ち合わせておりませんが
昨年の夏の計測では、油温が113度まであがりました

はい、もちろん通常走行ではそこまでいきませんが
なにしろ、高速道路も走れる仕様ですので
高速全開走行をすれば、こんなこともアリなわけです


〇エンジンを冷やす
そんなこんなで、エンジンを冷やす方法を模索しておるところですが
超簡単な方法として実施したのがリッドメンテナンスカバーのメッシュ化でした

ッドメンテナンスカバーのメッシュ化の弊害は
U字ロックを止められなくなること
それに、これ、本末転倒なんですが、ほとんど冷却効果がないこと(爆)

仕組みを考えれば簡単な話ですが
アドレスはクランク軸に同調したクーリングファンによるエンジンの強制冷却機構となっています

エンジンを覆うプラスチックのカバーと
そこにクーリングファンから送られる空気で冷却しています

ですので、夏の全開走行後の信号待ちや、高速のSAで
クーリングファンが回らないときに高温に達します

そこで実施したのがメンテナンスリッドのアルミメッシュ化なのですが
ここを風通しよくしても、はっきり言ってエンジンのヘッドぐらいしか見えません
ですので、実質的な冷却効果より、気分な対策かもしれません

もちろん、ここには改良の余地があって
PC好きな人なら、シリコングリスにヒートシンクとかを言うでしょう
できれば、人柱結果をご報告ください>PC好きの方


〇メッシュグリッドの作成
こやつは、微妙な局面をもっていて
正確な図面を起こすのは難儀したので
工作用ボール紙で現場合わせの型紙を取って作成した経緯があります

ホームセンターにあった材料を
型紙にあわせつつ
膝の上で立体に曲げて、端っこをカット

淵は、同じくホームセンターにあった渕ゴムで仕上げました、材料費は数百円



〇強化
ところが、最近、このメッシュガードがへこんでくるようになってもーて
具体的には、かかとを押し付けてへこんだり
荷物をフットプレートに乗せたときに、当たってゆがんだり

なにか良い方法はないかと思案した結果
アルミ平棒での強化を実施しました

写真1
IMG_7685_R.jpg
施工結果です
きれいにまとまっています

写真2
IMG_7666_R.jpg
こんな感じで強化用の平棒を加工します
本来であれば、もうすこしメッシュグリルに密着する「曲げ」がほしかったところですが
まぁ、現場合わせなので、こんなもんで勘弁!

写真3
IMG_7683_R.jpg
メッシュガードの内側に厚めの両面テープで貼り付けて

写真4
IMG_7684_R.jpg
本来の位置に取り付けます


〇まとめ
強度的な実験はしていませんが
こんな工夫をすれば盗難防止のU字ロックも固定可能ではないかと思います
うまくいった人はここにコメントください>

で、肝心の冷却効果は?
外気温+60度で安定
つか、このメッシュガードのご利益ではないキガス

ちなみに、強制冷却システムのさらなる強制冷却手法についいては
すでに完全防水の冷却ファンを購入済ですが
この件に関するレポートは、もう少し時間をください

( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する