FC2ブログ

駆動系の不調その4(Address)

  • 2017-05-11 20:34:20 (Thu)
  • カテゴリ:バイク
前回
駆動系の不調その3(Address)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1139.html
のつづきです

>この、縮んだばねのせいで、いろいろな不具合があった模様で
>その写真はまた次回な!

写真1
IMG_8356_R.jpg
偏摩耗したウエイトローラー

シリーズ冒頭でも申しましたとおり
エンジン始動直後にギアがハイ側になってくれない現象の原因はこれかもしれません

ウエイトローラーはドライブプーリーを遠心力で押し込んでいくことで
ドライブプーリー上でVベルトを外周がわに移動させるものですが

これだけ偏摩耗していてはスムーズにローラーが動けませんので
シフトアップもぎくしゃくしてしまうのでしょう

ただし、一度スピードに乗れば、この偏摩耗した部分の引っ掛かりが是正され
普通に走れてしまう<そこが落とし穴
このまま放置すればプーリー内面をガリガリ削って元も子もない状況になります


写真2
IMG_8357_R.jpg
トルクカムカバーには変形や摩耗は見られません
ここでおさらい

トルクカムは、(後輪側)ドリブンプーリーの軸上にあって
センタースプリングによってプーリー幅を狭く固定されている中
ドライブプーリーがVベルトを引っ張る力によって「無理やり開かされるオマタ」を
「痛くしないでね」とする機能がある(謎)

写真2のトルクカムカバーは、これらの複雑な動きを支えるカバーにあたり
基本的には大きなトルク変動がかかる機構の外側のカバーにあたる


写真3
IMG_8360_R.jpg
ドリブンプーリーの移動側のフェース
ドリブンプーリーがVベルトの引っ張りで無理やり開かされ
「そこ、奥まで届いてる!」状態がハイギアなわけだ

一番内側に放射状のたて筋がついている部分は、本来ベルトが入ってはいけない部分
その外側にVベルトの幅を残し、その外側に錆びた部分
おそらく、Vベルトが目いっぱい内周にあった状態で、その外側に当たりのすくない部分がさびているのだろう

ご覧のとおり、たて筋の部分以外は、わずかに傾斜があって
ドライブ側の引っ張りがなければ、ドリブンの外周にVベルトが押し出される構造となっている


写真4
IMG_8362_R.jpg
ドリブンプーリーの固定側
この写真に見える軸上をドリブンプーリーの非固定側が動き
幅の調整をすることで変速しているのだが...

軸に開けられた穴になにか異変が!


写真5
IMG_8364_R.jpg
「そんなに激しくしたら、おおきくなっちゃう」
ってか、穴が楕円に広がってるし!

ボアアップしたエンジンにより発生する強烈なエンジンパワーが
ドライブプーリーを一気に回転させ
ドリブンプーリーに伝えた力を
このトルクカム機構で受け止めているのだが

写真のとおり、トルクカムの軸となる部分の受け側には3つの穴があるのだが
その3つの穴すべてが、写真のように楕円形にひしゃげていた


写真6
IMG_8366_R.jpg
トルクカムの受け側となるドリブンプーリー変動側のトルクカム部分
トルクカム軸から「ボス」(ピン)を経由して駆動を受ける斜めの溝ですが
見事に変形しています!


写真7
IMG_8369_R.jpg
冒頭に示したトルクカムカバーをセットしようとしたら....
トルクカム軸部分の溝の変形により、これ以上下に降りません


〇なんでどうしてこうなった
のかは、正直わかりません
TAKEGAWAのボアアップキットをポン付けしただけですが
キットに入っていたトルクカム部分がお釈迦になりました

常識ある人はこれを「消耗部品の定期保守」とみるものと推察します
※だって、ここが変形しなければもっと重篤な事故につながるところが壊れるんだし


〇で修理の結果は?
不具合パーツの修理をした結果バイクの挙動が変わりました
通常は、「修理をすればもとどおり」のはずがそうではなかった

次回は修理結果のインプについてご報告します

( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する