FC2ブログ

家具を修理してみた!

新婚当時にベットとともに購入したベットサイドの引き出しが壊れたので修理した

ベットサイドの引き出しといえば...
当然コン〇ームとか、バイブ〇ーターとかをしまっておき
いざというときにだな...コホンコホン

もちろん、賢明なる皆さんの場合
ベットサイドテーブルには
高級ホテルで見かける「バイブル」があるはずだ!

で、結婚30年以上の我が家の場合
バイ〇レーターもバイブルも必要なくなってだな
いつのまにやらリビングの電話台になっていた

元々頻繁に開け閉めするものではない設計だったためか
着信のたびにメモを取り出したり、「激しく入れたり出したり」したせいで
すっかり「穴が広がって」しまいゆるゆるになってしもた

今回はそんなベットサイドテーブルの修復をした
※たしか購入した家具はお気に入りブランドの「カリモク」

〇壊れ具合
写真1
引出修理01
写真はすでに修復のための材料をあてがったところ

写真のとおり、引き出しのレールに当たる部分が激しくえぐれています
特に引き出しの奥の方では、引き出しの中身の重さが加わってえぐれ具合がひどい
これは材料にもよるものでしょうが、なんと引き出しのサイド(レール)部は桐のような柔らかい木材


写真2
引出修理02
引き出しが収まっていたレールの部分はすでにもげてなくなっておりまして
写真の中の白っぽい部分にレールとなる木が、ステープルで打ち込んでありました


写真3
引出修理03
そこで、写真1を参考に、近所のホームセンターで「端材」を探しました
質感ではバルサ材が近かったようですが、さすがにそれでは耐久性がなかろうと
物色したところ「ほおのき」らしきものが見つかりました


〇加工
写真1のとおり、買ってきた端材を、棚のレールに合わせ
余分な部分は切り出しナイフで簡単に削れます
(カンナがあれば、なおよい仕上げが期待されます)

適度な「閉まり具合」を大切にするため、材料の削りすぎは禁物
ちょっとときついぐらいに削って、ろうそくを塗っておきました

仕上げたレールにあたる木材に弱い両面テープを貼り
元あった位置に仮止めします

棚を横倒しにして、引き出しをレールに合わせて出し入れ
シールで貼ったレール材がずれていれば、これで適正な位置に補正されます

写真4
引出修理04
真鍮の丸くぎで固定

あとは引き出しを抜き取って(写真を忘れましたが、別途購入した真鍮の丸くぎ)
かなずちの丸い面(飛び出している面)でくぎを打つことで
真鍮釘をレール材の中にめり込むまで打ち込みます

くぎの長さには注意してください
長すぎると棚から飛び出します<当たり前ですが

元々の作りが、レール材をステープル4か所で打ち付けていたものですので
くぎも左右4か所程度で充分です

写真5
引出修理05
はい完成!

今回の修理の過程で
リビングの電話台を別途購入済なため
修理済の棚は嫁がベットサイドに設置したようです

σ(゚∀゚ )ワタシはすでに何十年も嫁とは寝室を別にしていますので
この引き出しにバイブ「る」が入っているのかどうかは承知していません

( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する