FC2ブログ

消えたスプラインで高速400キロを走破(Address)

  • 2017-10-31 00:28:31 (Tue)
  • カテゴリ:バイク
副題:三条の錬金術師に会ってきた
台風22号の影響がモロなこの週末
わけあってAddressV125G改で茨城から山形までツーリングにいってまいりました

σ(゚∀゚)ワタシのAddressはボアアップ後改造登録により軽二輪登録済
かつETCまでつけてあるので、もちろん高速道路も余裕のよっちゃん!<いや、かなり苦しい
そんなツーリングの話なのですが、細かいところはまた次回として、今回はすっげー経験をば

σ(゚∀゚)ワタシのアドレスはなんといっても元原チャですし
フロントにはおっさんシールドの高さ90センチのやつがついています
ですので、台風の中を帰宅するには、風の影響が少ないコースをと、山形から新潟を目指しました

台風の進路を推測するに、夕方にかけて関東に接近とありましたので
山形道、東北、常磐ラインではもろに暴風と勝負だったはずです
しかし、選んだ新潟へのみちも、整備済の北陸道は一部一車線区間とか

台風による大雨の中を100キロ巡行するのは勇気が必要と
時速70キロ程度でも追い越されることを気にしないですむように
新潟西から高速にのったところです

しばらくして前にトライクが見えました
トライクの製造といえば有名なのが坂東市にあるサクマエンジニアリングさん
σ(゚∀゚)ワタシもなんどか訪問し、試乗もさせていただいたなぁ、などと思っておりました

ふと気が付くと、急に雨風が強くなり、目に飛び込んだ栄PAで休息
遅れてトライクの方もPAにやってきて、話こそしませんでしたが
川越ナンバーでしたので、進行方向もいっしょ、ついていこうとエンジンをかけたら!


〇クランクケースからの激しい音は
やっちまいました、プーリーを止めているねじがぶっ飛んだ模様
前にも同現象にあっているので、症状はすぐにわかりました
この前ウエイトローラーを交換したときのインパクトレンチでの締め付けが甘かったようです

この修理には、インパクトレンチがなければ、特殊工具が必要なところです
しかも、状況は土砂降りの雨の高速のPAです
まさにお先真っ暗!


〇まずはたばこ3本な
こういう時に慌ててもろくなことはありません
たばこを3本吸って、じっくり考えます
が、なにも浮かびません(汗)

明日は仕事を休めないし、このままバイクをすてて電車で帰宅か?
と、ぼんやり遠くを眺めていたときに飛び込んできた風景にはETCのゲートがありました

特殊工具があれば手作業でも修理可能とは思っておりましたが
状況からするとインパクトレンチが必須
とすると、引き上げ修理になりますが、高速のPAまでお迎えとなるととんでもない料金になります

じゃ、自分でバイクを押してETCをでればいいんじゃん!

これにより、さっそくスマホをつかってPA近くのバイク屋を検索


〇やっと3件目
GoogleMap様のご指示によりかけた1件目はご主人が親戚の葬儀にでており対応できず
1件目のお店で教えてもらった2件目のお店も仕事で出先に出ているとか
PAからの距離はいずれも2から3キロのところだったので、工具を貸してもらえないかとも思いましたが
さすがにそこまでは言えませんでした

さて気を取り直して3件目を選ぼうとしましたが
おりからの雨で手が震え、ミスタッチしたところで運命の出会いが始まります


〇引き上げ修理開始
前の2件でもそうでしたが、アドレスで高速のPAにいるといった瞬間「なぜそこに」という空気が感じられます
ボアアップしている改造車である旨を説明すると、後ろに10歩ほど下がった気配が(笑)
しかし、3件目のこのお店では、話をするほど「ほう、そうかい」と突っ込んできます

そして、すぐに車で引き上げにいくので東京方面PAのETC出口で待ち合わせしました
まつこと20分、迎えに来たのは、軽トラック?ではなく本格的なバイク輸送業者が使うもの
「やべ、おっさん、この時とばかり、どっかの業者から輸送車を借りてきたのか、こらぁぼられるぞ
直管的に冷や汗がでたものです


〇ただものではない雰囲気
バイクを荷台に乗せ、店までの道中では、バイクの故障状況などを説明のほか世間話
自分が茨城からきたというと、店主も茨城と言えばサクマさんとこにはよく行ったという
えっ、さっきのトライクつながりかよ!って偶然を話、自分もサクマさんところを知っていると話しました

そのほか、(着ていたジャケットがDucatiだったのもあって)ほかに持っているバイクの話になり
BMWとDucatiを持っていることなどを話ているうちに店に到着
店には看板もなく、どう見ても民家なのですが

がらんとした空間に古いBMWが2台!
奥のガレージには一流の工具がぎっしり
「あたり」です、ディーラーではないが自転車やさんでもない、これ絶対あたりです

さらに店主曰く「これまでの話だと、あんた、自分でできそうだね、工具は貸すからやってみな、であれば引き上げ代だけでいいよ」とまでいってくれました

店主はただものでないが<σ(゚∀゚ )オレはタダがすき>なのでお言葉に甘えました(笑)

しかし、この店主、工具を貸すだけとかいいながら、「はい」と出してきた工具はどれもサイズまでぴったり
キックペダルのボルトに12Mのメガネ、クランクケースに8MのTレンチ、クランクケース叩きのゴムハンマー
見ただけで作業手順がわかっているようです

ただものではない師匠の前でいささか緊張しましたが
自分でも何度もやっている作業でしたので、約5分でケースを分解
そこに現れたのは、緩んだプーリーナットだけではなく、無残に崩れたスプラインのプーリー

写真1
IMG_9090_R.jpg
写真は、前回のウエイトローラー爆裂事件でローラー溝が削れていたので
先週購入しておいたTAKEGAWのハイスピードプーリー補修キットのもの
写真中央に見える穴の内側の溝があって正当なのですが

今回バラシてみたプーリーには溝が削れてなくなっていました

写真2
IMG_9084_R.jpg
クランク軸側(悲しみに打ち震えて写真がぼけてます)
クランク軸側の溝はかろうじて生きています

しかし、この状態では、いくらプーリーナットを締めこんでも
回転方向に滑ってしまい正常に駆動できません
だめか...

見かねた店主が手助けを...


〇アルミの錬金術師かよ
すっかり削れてしまったアルミのプーリーを手に取ると
丸みを帯びた鉄の台座に穴をあてがって、ハンマーでたたき始めました
片面をたたき終わると、ひっくり返して反対側もたたきました

「すでに部品がないとか、アッシー交換しかないときの応急処置だけどな」と
穴の部分を側面からたたくことで内径が狭まるそうです

次はプーリーを万力に固定して、ポンチで溝を切っていきます
「応急処置だから正確な溝は作っていない、家まで持てばと思ってくれ」

最後に、ねじロックをつけてエアインパクトレンチで締め付けて完了

ちなみに、このテク、錆びて内径がぐずぐずになったベアリング打ち込みなんかにも使えるそうです

〇お茶を飲みながら
一見気難しそうな店主である。別にこびへつらう必要はないと思うが
「金払うから直せよおら」みたいな態度ではきっと相談にものってくれないだろう
そんな店主がお茶をごちそうしてくれ話が弾んだ

最近のバイクはみんなコンピューター化されているので
うちみたいな町工場の道具では修理できなくなってきた

自分は18のころからこの仕事に携わってきたが
今は71歳、自分が売ってきたバイクだけは自分が最後まで見る覚悟

今のバイクは時代の求めでそうなったんだろうけど
ポリバケツみたいなのでできていて、なんだかなぁ
といって、自慢のピカピカに光るRSの鉄製フェンダーをコンコン

Ducatiはデザインはいいが、材質が「どうしてここにこれ?」なのがある
σ(゚∀゚ )オレ>友人のモンスターをばらしたらタイラップの山でした(笑)

ところでDucatiは国内の部品ストックやめたの?
古くからの付き合いのとこ(F)に頼んでも1か月待ちとかいわれた

σ(゚∀゚)ワタシ>(F)は部品在庫を持たないようになったと聞きました
ジャパンも本国に発注しているようで
一部のディーラーさん(C)が自身のストックをネットで販売しているようです

などという茶飲み話に花が咲きましたが
すでに午後の3時半、すぐに出発しないと
日付を超える(汗)


〇5千円ぽっきり
さんざん手伝ってもらって、引き上げ料だけの5千円でした
JAFの非会員だと2、赤男爵だと2.5と言われる出動料金を覚悟していましたが
思わぬ技術指導をうけてもこのお値段は破格


〇無事帰宅
午後3時半にでて、Google様予報では4時間半の道のりをゆっくり(だって応急修理だもん)走り6時間かけて帰宅
豪雨と暴風の中であったこともあり、帰宅したときにはマラソンでいう完走の感激が!
すぐにお礼の電話をしてしまいました


〇最後に
店主さんのご意向は確認していませんが
「年間15台ほどレスキューしている」との弁があったので連絡先を載せておきます
〒955-0045 新潟県三条市一ノ門1丁目4−17
オートショップハセガワ
0256-32-4780

三条といえば刃物
クラフトマンシップ侮りがたし!
( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する