FC2ブログ

AddressV125Gの過冷却対策

  • 2018-01-10 21:36:30 (Wed)
  • カテゴリ:バイク
σ(゚∀゚)ワタシの年齢(アラ60)にもなりますと夫婦仲は完全に冷めておりまして
つか、アラフォーぐらいだと「最近ご無沙汰なの」的な不満もあり過冷却な状況もあるところですが
アラフィフをすぎたころからは、完全に悟りを開いた状況となり、すでに冷めていることすら忘れている

今回は、そんな夫婦の過冷却の話ではなく
アドレスの過冷却のはなし

これまで何度も言ってきましたが
「空冷エンジンは油温を気にしてはいけない」
上がるときは上がるし、冷えるときは冷える

そんなもんなんです

でも、夏の熱ダレ現象が見られたことからつけた油温計
冬にもしっかり仕事をしてくれまして
先日の朝なんぞマイナス2度の表示

軽く暖気をしてスタートしても、街中では56度程度にしか上がりません
アクセル全開走行後の信号待ちでも70度に達しません

ただし、この状況でも特に走行に支障をきたすことはありませんし
オイルをその状況にあった粘度のものを適切に使っていれば、エンジンへの影響もないはずなのですが
四季の変化が激しい日本の、この環境に合わせてオイルを交換する?

てなことで
今回は冬の過冷却対策を、エンジンオイル以外の面で考えてみました


〇見えすぎちゃってこまるの~~
いや、ひえすぎちゃってこまるの~~
のつもりでネットを検索したら
自分のブログが出てきてびっくり(笑)

見えすぎちゃって困るのぉ♪
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-285.html



まぁ、全国のお父さんに馴染みのあるのはこっちかな:マスプロアンテナ
https://www.youtube.com/watch?v=eyR5IWMqvSc
これは、さすがに現代ではCMにできないだろうけど(笑)

で、冷えすぎ対策ですが、クーリングファンの空気取り込み口をふさいでみることにした

写真1
IMG_9320_R.jpg
厚紙にコンパスで型どり

写真2
IMG_9321_R.jpg
はさみとカッターで切り出し

写真3
IMG_9322_R.jpg
切り取ってみた写真だけど、これって、生DVDパックを買ったときの保護プレートに似てる?
使った材料は100均の下敷きで、DVDの保護プレートよりかなり薄いものです
厚すぎると作業がやりにくいので100均下敷きのほうがいいかな

写真4
IMG_9326_R.jpg
センターのゴムキャップをはずし
くりぬいた穴を合わせ
タイラップで固定

ポイント
タイラップをエアインテークの格子に通すには
針金(またはタイラップ)をU字型に丸めてインテークの間に差し込み
固定用のタイラップを差し込んだときにお迎えする、そして引き抜くのがコツ


〇結果は
材料費100円
本日は外気温‐2度
アクセル全開走行時で油温70度
信号待ちで80度
コンビニ留め置きで100度

なんか、すっごい達成感はあったのですが
対策前後で走りに変化なし(爆)

( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する