FC2ブログ

アドレスのオイル・エレメント・フロントブレーキパッド交換その2(Address)

  • 2018-04-26 19:20:32 (Thu)
  • カテゴリ:バイク
さて前回は
アドレスのオイル・エレメント・フロントブレーキパッド交換(Address)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1193.html
にて

>次回はビックローターにノーマルキャリパーのブレーキパッド交換をしていく
としました

でね
よーく考えてみたら、このネタすでに書いたことがあったのサ(笑)

AddressV125G改ビックローターのブレーキパッド交換(Address)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1143.html

けっこう詳しくかいてあるので
詳細についてはそっちを見てね

で、今回は自分用のメモとして付け足しを書いておく

写真1
ブレーキパッド交換005
交換時のODDは60,362キロ

写真2
ブレーキパッド交換003
キャリパーとパッドピンがかなり汚れていたので
キャリパーは歯ブラシで水洗い&パーツクリーナーで洗浄後
ピストンの揉みだしとグリス補てん(この部分は別に記事を書く予定)

パッドピンを洗ったら、なんか傷だらけなんすけど!
サンドペーパーの600番で磨いたのが写真
一部が削れてるんですが、見なかったことにしよう

写真3
ブレーキパッド交換004
新旧のパッド
写真の上のパッドがデイトナのゴールド(旧)
下がベスラのレジン(新)

デイトナのゴールドは、ビックローターに交換する前に使っていたものを
緊急避難で組み戻したものだが、あまりにききがわるく、今回の交換に至った

ゴールドのパッドは、きき始めは普通だが、最後の1メートルがまったく仕事をしない
特に雨の日はぬるぬるとして滑っている感じ
停止線で止まれないんだよ!


〇ベスラのレジンパッドの感触
いいです!ききます!イイデスハンソン!(謎)

以下ブレーキパッドへの思いを少しかたる

基本的にパッドの面取りはしない
だって、日本では買ってきたものを加工しないと使えないような、そんな製品を売っているとは思えない
面取りが本当に必要なら、そうした加工済の製品が販売されているはず!

で、面取りのことを少しネットで調べたら
「日本のユーザーがブレーキ鳴きを製品不良ととらえるための対策。欧州ではブレーキ鳴きは仕事をしている証拠として実施しない」ということ
バリがあってローターを傷つけるとかいった精度の荒い製品でない限り、むしろ接触面を減らす無駄な作業とみています

で、いつものように、新品をそのまま組みましたが
ブレーキ鳴きもなく、交換した直後(あたりがでていないといわれる)なのに
デイトナのゴールドよりはるかに制動力があります!

本日現在交換してすでに900キロを走行していますが
不具合どころか、さらにききがよくなっています
(フロントロックはしません)


〇最後に
あのね
パッドピンを抜く前に
パッドピンロックを先に引き抜いておきましょう>自分
冒頭に引用した記事には書いているのですが

パッドピンロックを引き抜く前に、レンチで緩めようとして「なんで緩まないんだよ」とパニックに陥ったのはナイショだ(笑)

( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する