FC2ブログ

続パソコンの電源が突然切れた!その2(コンピューター)

さて前回は
続パソコンの電源が突然切れた!(コンピューター)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1199.html
にて

>そして見つけた本当の故障原因
>「犯人はお前だ!」
として写真を掲載しました

答えを先にいいます
電源が突然落ちるのはCPUの電源回路にあたるVRMのコイルの損傷です

VRMについての詳しいはなしは他所に丸投げしますw
分かった気になるVRMの仕組
http://www.dosv.jp/feature/0803/19.htm

実は今回のPCの不調について
一番疑っていたのはマザーボードのコンデンサのパンク
「銀色のあいつ」が膨らんでいたらアウトと目視確認していましたが、まさかコイルが焼けたとは思いませんでした

〇マザー交換となれば
CPUやDRAMが生きていると仮定すればマザーボードの交換はこれらのパーツを生かせるものに限定されます
では8年前のCPUやDRAMにどれだけの価値があるのかといえば、正直クズ同然です
それでも、これらCPUやDRAMを生かしたマザー交換を検討したのは、すでに最新型PCをポチっていたからかもしれません

〇やればできるを証明したい
かの有名なオナッターズのキャッチフレーズに<いや、だれも知らんだろ
「やればできる」というのがありました
ええ、もちろん生中田氏の話です

そんなσ(゚∀゚)ワタシは
「(コンデンサーちゃんは)いけない娘だなぁ、こんなにお漏らしして」的な何かがあるのでしょうか
猛烈にCPUやDRAMを生かしてこのPCを復活させたい欲望にかられたわけです

以前にBIOS情報からメモしていた内容はCPUのソケットはLGA1366
取り外したメモリーからはDDR3-1066であることがわかっています
これをキーワードに対応するマザーボードを検索

結果は...
たけーよ!

国内通販では軒並みデッドストック
ジャンクを除けば2万円前後だw
eBayあたりでも3千円から4万円ほど

そんな中で、コスパのよさげなASUS P6X58D-Eを選択しました
(と言っても税込み2万円近い(汗))

写真1
IMG_9759_R.jpg
届いた品がこちら

オリジナルのマザーと同じメモリースロット
拡張ボードの構成もほぼ同じ
今回の故障の原因となったVRMまわりもゴージャスなヒートシンクがついています

その他に決め手となったのは
オリジナルがSATA2だったのがSATA3に対応していること
これで起動ディスクをSSDにしていることのフルスペックがひきだせます

〇後ろから見ちゃいやん
購入したマザーボードはオリジナルよりかなりのハイスペック
で、オリジナルにないIOポートが装備されていることもあって
オリジナルPCケースに付属するIOバックパネルは使えません

本来ならマザーボードに付属するはずのIOパネルは、中古品なのでついていませんでした
対策をネットで検索すると、「牛乳パックにアルミテープで自作」とかもありましたが
eBayでぴったりの商品がありましたので送料こみ1200円で注文

写真2
IMG_9825_R.jpg
米国のeBayサイトで購入しましたが
発送連絡はお約束のチャイナポスト
でも、発送連絡から1週間で到着の脅威!

〇パーツはすべてそろった
あとは組み付けるだけ
というところまで来ましたが、ここでトラブル発生
システムパネルコネクターと呼ばれる部分にオリジナルとの違いがあった

いわゆるフロントパネルからの電源スイッチなどを扱うシステムパネルコネクターですが
オリジナルのものは10-1ソケット、今回のASUSは20-8ソケット
うーんどうするこの状況


おっとだれか来たようだ
つづきは次回
( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する