FC2ブログ

続パソコンの電源が突然切れた!その3(コンピューター)

そもそも10年前のパソコンを復活させようという試みがナンセンスなんだが
グラフィックボードを交換すればなんとかなる?
次は電源ユニット交換で...
CPUクーラーさえ修理すれば復活するのでは?
という悪魔な深みにはまってここまで来た

そして結局前回は
続パソコンの電源が突然切れた!その2(コンピューター)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1200.html
にて

マザーボード交換に至ったところである

ここまでに
>今回の修理にかかった費用
>グラフィックスボード 3千円
>電源ユニット     2万円
>CPUクーラー固定ピン 1.5千円(シリコングリス含む)

最後にマザーボードが1万7千円だぁ
完全にコスパ無視の沼にはまっている

そして前回は
〇パーツはすべてそろった
としたが、さらなる問題として

>いわゆるフロントパネルからの電源スイッチなどを扱うシステムパネルコネクターですが
>オリジナルのものは10-1ソケット、今回のASUSは20-8ソケット
>うーんどうするこの状況

というところまできたところ

PCケースのフロントパネルには電源スイッチやオーディオIN/OUTがあるのだが
買い替えたマザーボードでは「システムパネルコネクター」が合わずそのまま結線できない
さらに、オーディオコネクターに至っては、マザーのレイアウトがオリジナルと違っており、長さが足りない状況となった

〇ケーブル変換用ピン配線を試してみた
近所の電気屋でオスメスの単線がセットになったものがあったので
10-1ソケットから、20-8ソケットに変換する試みを実施
マザーボード側は安定した結線ができたが、10-1ソケット側が抜けやすく不安定

ここで、オリジナルの起動スイッチ(10-1ソケット)の利用をあきらめ
別途、リセットスイッチ、電源モニタLED、HDDモニタLEDを購入することとした
ついでを言うと、購入したマザーはビープスピーカーがないので、これも購入

上記のこまかいものと
前述のIOパネルの購入で4千円程度かな

〇組み付けてみた
写真1
焼けたVRM001
新マザーのシステムパネルコネクター

写真2
焼けたVRM002
旧マザーのCPU(グリスがのりすぎ(笑))

写真3
焼けたVRM003
新マザーにCPUを移植

写真4
焼けたVRM004
旧マザーのIOパネル

写真5
焼けたVRM005
変換ケーブルで10-1ソケットからシステムパネルコネクターに結線
ビープスピーカーものっけてみたが、いまいち動作が不安定

写真6
焼けたVRM006
eBayで購入したIOパネルは意外にしっくりおさまった

〇のこる課題は
フロントオーディオパネルの配線が短くてマザーに届かないこと
延長ケーブルという解決策もあるのだが
5インチフロントパネルを探すと、中国製でおもろいものがたくさんでてくる

さて、次回は、この中華フロントパネルの取り付け報告をすることで〆としたい
( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する