FC2ブログ

オーバーレブの代償その2(Address)

  • 2018-11-19 16:16:35 (Mon)
  • カテゴリ:バイク
はい、私のアドレスV125G改(161)が廃車になりました
ラーメンを食いにいこうと、出かけた先で
走行中に「ジャリジャリ」という音が足元からでて、「キュン」という音とともに後輪ロック

たぶんクランクベアリングが昇天したものと思われます

幸い、異音がしてすぐに速度を落としたので
クランクがロックした時点ではかなり低速だったこともあり
若干のつんのめり程度で済みましたが、高速度であれば命に係わる事案

最初は駆動系の故障ではと考え
自宅から近かったこともあり
徒歩で帰宅して、修理工具を持参し、駆動系をバラシて見ましたが

ウエイトローラーもベルトも正常
ドライブプーリーには、クランクロックによる激しい損傷跡が見られました
「エンジンがだめなんだ」と悟り、バイク屋にピックアップを依頼

思い入れのあるバイクですので、修理の方向で点検をお願いしたのですが
クランクロックであれば、バルブもピストンもヒットしているはずで
ごっそり交換となれば、はるかに高い修理費が想像できます

すでに66,666キロのぞろ目オドの写真もとっておりますが
このアドレスV125に10万円超えの修理はちと苦しい
そんな思いもあって、今回は廃車にすることにしました

〇クランクロックの原因
正確な原因はわかりません
ですが、おそらく先日のオイル噴出走行が原因でしょう

オーバーレブの代償その1(Address)
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1212.html

クランクケースにオイルがほとんど無い状態て過走行したのですから

〇思い起こせば
今から数年前に自爆事故で膝を骨折し、リハビリ通院に購入したのが初代AddressV100
このV100では茨城から名古屋まで日帰りツーリングをするなど、ずいぶんと酷使しました
2ストオイルをタンクではなくひまし油を直接ガソリンに混合して走ったりしていたのですが
最後はいたずらが過ぎて焼き付き廃車となりました

そこで買い替えたのがV125G
おとなしい走りで、遠くまで走っても疲れない
そんなAddressV125Gくんも、茨城のビーフラインで痛恨のオイル切れにより焼き付き

TAKEGAWAのボアアップキットで再生をはかり(確かクランクまわりも交換)
自分自身で軽二輪登録しました

フロントに大型ロングシールドをつけたAddressV125Gくんは
見た目がおっさん仕様でしたが、同じ軽二輪の「ビグスク」には負けません(笑)

こいつで行った最後のロングツーリングは、山形のお宿に現地集合の飲み会
茨城、福島、山形、新潟とまわり、新潟のSAではドライブプーリーがぶっ飛ぶという事件もあったっけ

さようなら
AddressV125G改
たくさんの思い出をありがとう
オーバーレブアドレスV125001
オーバーレブアドレスV125002
オーバーレブアドレスV125003
オーバーレブアドレスV125004
オーバーレブアドレスV125005


( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する