FC2ブログ

PCX150(KF30)の燃費が33.7kmってなんなの?

  • 2019-08-06 20:15:26 (Tue)
  • カテゴリ:バイク
おかしい、絶対におかしい、燃費が悪すぎる!

昨年11月に廃車となったアドレスV125くんのかわりに導入したPCX150くん
慣らし運転のときにはかるく40kmを超えていた燃費が、この3月に33.7kmまで落ちてしまった

エンジン系も駆動系も特に異常は感じられない
原因はなんなんだ

写真1
PCX150の燃費001
ここまで燃費が下がるのはどこかに異常があるはず


そんなある日の4月
筑波のにりん館にケミカルを購入に訪問

駐車場ではバイクタイヤのキャンペーンを開催中
キャンギャル(すっげー美人さん)が
「どーれ、女王様がみなのタイヤをチェックしてしんぜよう」と駐車中のバイクを点検

ZRX1200とCB1300の間に駐車していたσ(゚∀゚)ワタシのPCX150くん
よし! 無言 よし!
って、σ(゚∀゚)ワタシの短小PCXくんは完全にスルーだw

どうやら大型バイク「だけ」のタイヤキャンペーンだったようである
まぁ、普通の女性であれば「短小」は相手にしないのも権利だし
そこは事実なのでグッと我慢した(心の声)

ところが、同じくタイヤキャンペーンの男性スタッフが通りがかりにやってきて
「これ、パンクしてますよね!」という

よくみれば、リアタイヤが正月の鏡餅状態

早速点検してもらうと
リアタイヤにわずかな亀裂があり、ほんの少しずつエアが抜けていた

写真2
PCX150の燃費002
走行距離も7,000キロを超えていたので、タイヤ交換を考えたが
なんと、適合するタイヤの在庫がなかったので
そのまま修理となった

2018年式のPCX150からリアタイヤのサイズ変更があり
これに対応する国内タイヤは販売されていない

一応マニュアルで確認すると
リアタイヤは
IRC SCT-007とあるが、これはベトナム限定で、国内のIRCではあつかいがない

タイヤのサイズで検索すると
120/70-14になるが、ほとんど「フロント用」になる
※このことについては別記事で後日報告する

結果としては、スローパンクによる空気圧の減少に伴う燃費の悪化であった

毎日通勤で使っていたPCXだが
まったく違和感のないスローパンク

ゆっくり抜ける空気と
これに伴う操作感の慣れ
まったく気が付きませんでした

唯一その兆候があったのは
雨の日にリアブレーキをかけたとき
リアタイヤがロックして滑ったことです

慣れとは恐ろしいものですね


写真3
PCX150の燃費003
こちらがPCX150(KF30)の本来の燃費<盛ってます(笑)
給油して80キロほど「エコ運転」した結果です

アクセルをガバ開けしなければ、こんな燃費もありです
実際のところは、45キロ程度です

アドレスV125くんが、ハイオクで最低が18キロでした
良くても30キロは絶対になかったアドレスV125くんに比較したら
すっごい優等生

さて、次回は、PCX150 KF30用リアタイヤを交換したよをご報告します
( ̄ー ̄)/~~ジャ

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する