FC2ブログ

PCX150(KF30)バッ直化計画

  • 2019-12-04 17:05:56 (Wed)
  • カテゴリ:バイク
さて前回は
PCX150のパンクを修理してみた
https://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1243.html
にて

パンク修理のための、シガーソケット稼働のタイヤエアコンプレッサーを衝動買いしたが、
PCX150のアクセサリーソケット(シガーソケット)は定格が1Aで使い物にならなかったことを書いた
その後の調べで、なんとこのコンプレッサーは10Aもの電気を食うことが分かった

これはもうバッ直しか選択肢がねぇ状況

●バッ直をやるときは(バッ直に限らず)流れる電流に耐えられる材料を選ぼう
バイク用のシガーソケットを検索するとすぐにでてくる某社のもの
細い一対のビニル線なんだが、あれだけはやめておいた方がいい
今どきのスマホの充電器は急速充電が可能なタイプが多く、2A程度が流れる

心線が細いケーブルに大きな電流を流すと発熱する
耐熱、耐候が考えられていないビニルの細線では発火する可能性もある

実はσ(゚∀゚)ワタシ、HyperMotardにアレをつけていたんだけど
紫外線によるものか、被覆にひびがはいり、あやうくショートさせるところであった

さて、今回のオーダーは10Aの負荷がかかるコンプレッサーである
安全マージンを考えれば20Aに耐えられる材料を選びたい
そこで密林でポチッたのがこれ

写真1
PCXバッ直001
プラス、マイナスの配線は12AWG=3.5sq(スケア)が1.8m
プラス側には30Aのヒューズがついている
配線の終端は9mmの丸端子で、絶縁処理もされている

シガーソケットにゴムキャップがついているが防水ではない
丸端子の径がバイクのバッテリーにはでかすぎる
なんか、配線がすごくごつい(笑)

このままバッテリーにつないでも充分に機能するが
そこはひとひねりしたい
イグニッションに連動させないと、負荷の抜き忘れでバッテリーあがりも考えられる

イグニッションに連動させる方法は各種あれど
できればいつでもノーマルに戻せる方法にしたい
そこで選んだのが、エーモンのヒューズボックスから電源をとるヒューズと20Aリレー

写真2
PCXバッ直002
リレーをスイッチさせるヒューズがイグニッションに連動していれば自動的にリレーをOnできる
そこで目を付けたのがヒューズボックス右下のOPTと書かれたもの
7.5Aのヒューズで、テスターで試したらイグニッションに連動していた

リレーの起動電力は数ミリアンペアなので、ヒューズボックスから電源をとるヒューズのうち
最も容量の小さい5Aのものを選んだ

●バッ直の全体像
写真3
PCXバッ直003
リレーへの信号線は「ヒューズボックスから電源をとるヒューズ」で長さを確保
リレーからの信号線アースは新規に自作 0.5スケアの黒線
バッテリーのプラスからリレーまでの給電線は、シガーソケットの線を切り落とし移植(ヒューズ込み)
リレーからの給電線は、切り落としたシガーソケットの線をギボシ加工で対応

信号線にはいくらも電流が流れないのでこれで充分だが
給電線にはもう一つ注意が必要
加工するギボシ端子にも定格があるのだ

今回はエーモンの太線用ギボシ端子4こ入りを購入
たしか20A対応だったと思う

ここで問題発生!
写真4
PCXバッ直004
ギボシ端子は通常オープンバレルと呼ばれる爪を折り返して食い込ませる方式なのだが
購入したシガーソケットのケーブル被覆が太すぎて太線用ギボシ端子でもうまく巻けない
最終的にはラジペンで爪の先を折り曲げて何とか圧着させたが、2回失敗したww

●取付
バイクに傷をつけないことを目指して考えたものだが
配線を傷つけては発火の危険もあることから
最低限の加工は必要

写真5
PCXバッ直005
ヒューズボックスからの信号線の取り出しには
ヒューズボックスカバーをのこぎりでひき、溝をつけた

写真6
PCXバッ直006
電源線の取り出しには、バッテリーカバーをのこで引いて最低限の溝をつけた


写真7・8
PCXバッ直007PCXバッ直008
シート下スペースにこれらの機材を転がしておくのもあれだったので
購入したシガーソケットが入っていた段ボールに収めた

●これって商売になるんじゃね?
たかがパンクだけど、ツーリング先でのパンクはどうにもならない話
このコンプレッサーがあれば、実質10分でパンク修理終了!
5,000円でどないでっしゃろ?

( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おもちゃ箱
Count from 2010/01/14:
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する