FC2ブログ

消防長のことば...

わがまちの消防長は現場上がりの頼りがいのあるナイスガイ!
どの役場でも、通常は事務屋あがりの名誉職的なところが多いが、おかげで隊員の信頼もあつく、組織としての行動力も高い。
そんな消防長もこの3月で定年というこの時期に、震災はおこった。

本日、たまたま消防長と打ち合わせをすることになり、お部屋に伺った。

仕事の打ち合わせはひととおりすみ、世間話になったとき...

以前のブログにも書いたとおり、わがまちからも緊急援助隊が出動している。
そのこと自身は予算の面で私が担当したので承知していたが...


消防長のことばはこうであった。

報道ではハイパーレスキュー隊の活躍などが注目され、大きく取り上げられている。
彼らの活動はまさに賞賛すべきことである。
だが、俺は今回の緊急援助隊の派遣にあたり、最後まで「活躍してこい!」とは言えなかった。

出発にあたり送る言葉として選んだのは....
「地元の隊員になったつもりで行動してほしい」
明確な指示を出すべき長の言葉としては不適切かもしれないが、これが精いっぱいだった。

報告では今まさに、汚染地域境界付近で救急搬送を行っている。
華々しい活躍ではないが....
奴らは今まさに地元の隊員として活動している。
奴らは俺にとって最高の誇りだ。

すいません、消防長、オフレコを書いちゃいました(爆)



ひねくれた見方をすれば、単なる偶然、単なる美談である。

ただし、消防長の言葉に、注目してほしい。
彼が最もリスペクトしているのは...

地元の消防隊員であることを!


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おもちゃ箱
Count from 2010/01/14:
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する