FC2ブログ

家政婦はミタ(逝く瞬間)

σ(゚∀゚ )ワタシの大好きな動画のシーンであれば
「普通の主婦が普通の日常を送っている。そんな昼下がりにやってきたヤツ」
「あっという間に奥様の寝室に入り込み」
「奥様をめちゃくちゃにして、とおりすぎていきました」てな具合になる

後ろから責めてパンパンと音をたてて...


いや、今回の話はそうでなくて


9月2日の竜巻の話である


「こんなにすごいの、生まれて初めて(汁)」<って、まだAVかよ(゚-゜)\バキ
いや、それぐらいビックリな竜巻の瞬間を目撃

あれは9月2日の午後
勤務先のデスクにいると、遠くで雷の音が聞こえた

部下には外回りの営業職もいることから
ふと気になって外に出た

見れば西の空から真っ黒な雲が上りあがる中
雷がそこここに落ちている
「こりゃやばい!」と社屋の最上階にエレベーターであがってみた

視界の左(南)側は快晴だが、視界の正面越谷市方面が真っ黒な雲に覆われている
目を凝らしてみていると、正面方向に、地表から黒い煙のような渦ができてきた

その渦はやがて細く長く天に伸び
やがて上空の黒雲とつながって、中心には白い細長い渦がはっきりと見えた
生まれて初めてみた竜巻である

この間数十秒

あわてて電話のあるところに赴き
市役所の防災・水防担当に報告
「県境付近で竜巻が発生している」

この時、残念ながら自分は携帯を持っていなかったが
電話のそばにいた方が携帯を持っていたので、竜巻の撮影をお願いした
一般に、明確な竜巻被害を立証しないと、災害の指定が受けられず
地域の復旧が遅れると聞いたことがあったからだ

電話のところから、窓際に戻った時には
竜巻はすでに相当な距離を移動しており
発生時は社屋の西10数キロであったが
戻った時には社屋の北4キロ程度

携帯電話での撮影をお願いした方が遅れて到着した時には
竜巻はすでにその余韻を見せる程度になっていた

この時点で「被害は?」と気になり、携帯電話の方にお願いして消防に電話確認をしてもらったが
「何の通報もない」とのことで、安堵して自席に引き返した

考えてみれば脳天気な話である

今まさに竜巻に屋根を吹き飛ばされている現場が
消防に通報できるはずもない
急にそのことを思い出し、市役所の防災担当に電話したのは初動報告の30分後であった

電話確認の結果、初動の報告をうけて現場確認に行ったら
「甚大な被害が確認され、現在、災害対策本部の立ち上げを検討中」とのことであった

その後の詳細はすでに新聞やテレビで報じられているとおりなので割愛するが
直撃をうけた現場をみると、その威力が思いはかられる

σ(゚∀゚ )ワタシが通勤に使う県道沿いでは、大型トラックが横倒しになり
沿道沿いの看板は、足元から金属製の支柱がねじ曲がり、薙ぎ払われていた

最後に気になることをひとつ言う
知っていて言うのだから無理なことと承知しているが
災害を受けた被災地の災害指定の仕組みの不合理について

被災地に対する災害の指定は県単位または市町村単位である
埼玉県は越谷市に対して災害指定を早くから表明していが
千葉県は野田市に対して何もしていない

それどころか、災害現場を見に来た国の政務官に対し
千葉県の健作ちゃんはアクアラインをよろしく!とばかりに
被災した野田市の話を一切せずだったらしい

事実ならこんなやついらね!

つか、こいつ、もともと埼玉県の回し者だったっけな
(埼玉県吉川市もほど近い野田市だが)吉川く~~んだもんな(笑)


( ̄ー ̄)/~~ジャ

6:34 2013/09/06 追記
(2013年9月5日 読売新聞)から引用
 千葉、埼玉両県で2日に起きた竜巻の被害状況把握のため、亀岡偉民内閣府政務官を団長とする政府調査団が4日、野田市を視察した。同行した森田知事は、埼玉県が被災者生活再建支援制度の適用を求めていることを踏まえ、「同一的に考え、被災者を救ってもらいたい」と本県への適用も要請した。

ちゃんと仕事してたようですね。よかった
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する