FC2ブログ

拡張ウインドシールドをつけてみた(PCX150orR1200ST)

  • 2019-12-30 10:02:44 (Mon)
  • カテゴリ:バイク
前々から気になっていた商品が安く見つかったので買ってみた

Universal Motorcycle Windshield for Kawasaki BMW Ducati Honda KTM Motorcycle Universal Adjustable Risen Clear Windshield

購入先はwww.aliexpress.comで、クーポンを使って送料込み1,791円でした

結果から言えば、これは買いです!

●R1200STのシールドに対する不満
車名が表すとおりSTとはスポーツツアラーです
R1200RTが上体が起きた姿勢のツアラーであるのに対し
R1200STはセパハンで、かなり前傾したライディングスタイルとなります

このような違いから、R1200RTは大型の電動スクリーンが風をがっちりガードするのに対し
R1200STは中型のスクリーンを手動で上下させる程度

常磐高速の巡行痩躯度x20キロであれば、R1200STでもタンクに伏せて、風があたらないのですが
80キロ程度だと、なんとなく半端で、タンクに伏せるほどでもないので
中型スクリーンから巻き込んだ風が耳元で巻き、少しうるさいのが現状です

そんなとき、柏のライコで、R1200RTにツアラーテックの拡張シールドをつけている方を発見し
お話を聞いたのですが、「お高い品」であることがわかり断念しておりました

●PCX150につけた本田純正ロングシールドでも
雨の日にヘルメットのシールドが濡れるんです

PCX用本田純正ロングシールドの効果は抜群で、霧雨程度なら上体の肩から先ぐらいしか濡れません
防水の利いたライジャケでしたら、まず濡れてこまることはありません
(グローブが濡れて寒いと思うことはありますが、現在はハンドルカバーをつけているので関係なし)

ただし、いかにロングシールドであっても、ヘルメットのシールドは濡れてしまいます
具体的には、普段の通勤に使っているDucati&Araiコラボツアークロス3ヘルメットですが
オフ車用の泥除けツバのおかげで、上からの雨には強いんですが

先行車のタイヤが巻き上げた泥水が霧状になって、もろに顔にかかるんです
あと数センチシールドが長ければ、この泥水も避けられるのにと
そこで思い出したのが拡張シールドです

●いっちょまえにポリカーボネートやんけ
そこで、パチモン王国(いや、正確には世界のOEM工場の)中国市場を検索
冒頭にご紹介の製品を購入となったところです

☆注意
かのサイトでは送料無料か格安送料で購入できますが、納期がかかったり、トラッキングが非常に怪しい
今回の購入では送料無料を選んだのですが、トラッキング情報を逐次メールするとあったのに
「原産地を出発」以来メール無し

やがて1か月というところで、あまりに遅いので、ホームページでトラッキングを確認したら
すでに地元の郵便局についたことになってる

しかも、日本郵便のトラッキングで詳細を確認したら、10日前に配達したが不在で持ち帰りとなっていた
この間不在票もなく、あと数日で返品となるところでした

写真1
PCXシールド001
梱包されていたものの全部
説明書等の書類は一切無し

写真2
PCXシールド002
バリというか、切子だね
最終的にはここにゴムカバーがつくので放置してもかまわないけど
やすりでおとしておきました

写真3
PCXシールド003
説明書はないけど、こんな感じに組むのかな
ゴムカバーをかぶせて、フロントシールドにねじで圧着させる
付属の金属プレートは、面で圧着させるため、ゴムカバーの溝にセット

写真上部のレバーは、この金具をフロントシールドに固定したのち
拡張シールドの高さや角度を変更できるようになっている
注意としては、このレバーの軸長が写真と反対側にあるボルトで調整可能なぶん、うっかりするときつすぎたりする

加えて、これは取り付け後でいいのだが、写真中央にある六角の大き目なボルト
この製品は大きくわけると3つのパーツでできている

先ほどのレバーのついた拡張シールドを固定する本体
フロントシールドに固定するゴムカバーをかぶせる足が左右に2つ

推測ではあるが、フロントシールドは曲面となっていることが多いので
取付け時点では中央のボルトを緩めにすることで、「足」が曲面になじむようになる
足を固定したのちに中央のボルトを締めることで完成だ

写真4
PCXシールド004
乗車位置からの目線
(カメラを口元の高さに構えてしまったので、実際はもう少し上)
視界を邪魔するようなことはない

写真5
PCXシールド005
全景
拡張シールドはあおそらくポリカーボネート(けっこうな厚みがある)
台座はアルミ合金

重さはリポビタンD2本分ぐらいかな

効果については、また後日
( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事

PCX150(KF30)のバーエンド外し(ハンドルカバー装着)

  • 2019-12-07 13:01:17 (Sat)
  • カテゴリ:バイク
PCXのバーエンドはとにかく外れないとの話を聞く。
今回はその理由がわかったのでのせておく。

●その前に
σ(゚∀゚)ワタシのPCXのバーエンド外しは今回で2回目である
1回目はスロットルコーンをハイスロ化するために外し、
2回目である今回はハンドルカバーを固定するために外した。

「外した」と偉そうに言っているが、実は2回ともバイク屋さんにやってもらった(笑)
一応、2回とも自分で外す努力はしたが、まったく歯が立たなかったのである。

この記事を見ている方で、自分で挑戦したいと思うなら、せめて以下の機材をご用意ください
バーエンドを固定しているネジの+に合うサイズ(太い)貫通ドライバーとハンマー
なぜ必要かは、以後の記事でわかると思う

●バイク屋さんの外し方
+サイズの合う(タガネのような)ショックドライバー
マグカップぐらいに大きい金槌(重さがだいじ)

その手順
1.σ(゚∀゚)ワタシもお手伝いで、ハンドルをロックしながらお腹にあててささえる
2.ショックドライバーの刃先だけをねじにあてがい小さなハンマーでたたいて刃先をネジに食い込ませる
(手を離しても落ちてこない)
3.ショックドライバー本体をセットし、重たい金槌でたたく(2回ぐらいで緩む)
4.普通のドライバーで緩めておしまい

左右あわせても1分の作業

●バーエンドが緩まないのは
写真1
PCXバーエンド001
PCX150のバーエンドの構造
バーエンドは固定用のネジで止められているだけ
写真では汎用のボンドらしきものがたっぷりついているが、これがもとからついていたのか、
バイク屋さんにグリップ交換を頼んだときにつけたのかは不明

ただし、バーエンド自身が空回りしないような「ツメ」などがない構造なので
ひょっとしたら純正状態でもボンドは使われていたのかな?

写真2
PCXバーエンド002
取り外したボルト
バーエンドのボルトが緩まない理由はこれ!
ボルトのピッチとは逆方向にらせん状の溝が切ってあります
この切り欠きが雌ネジに食い込んで緩まない構造

ネジというのは、雄ネジと雌ネジが密着することで締まります
密着は雄ネジの頭が踏ん張ることで発生します
ですので、たとえ半回転でもネジが回れば、雄ネジの踏ん張りから解放され
(正常なねじ山であれば)するすると緩むわけです

このわずかな回転さえも阻止するために、切り込みをいれる。
こんなの通常の道具では緩みません。

実はσ(゚∀゚)ワタシ、ショックドライバーは持っています
でも、マグカップのような金槌は持っていないし
買ったとしても、今後とも使う見込みもありません

手持ちのゲンノウではまるで歯が立たなかったので、あっさりバイク屋さんにお願いしたところです

冒頭で書いた「自分でトライ」しようという方は、この辺のことをご理解ください


●ハンドルカバーをつけるよ
今回つけるハンドルカバーは、前年の冬も使っており、防寒効果は絶大であることを実証済です
ただし、取り付けを簡易にしてハンドルに巻き付けてあるだけなので
スピードがでると、カバー全体が手前に「おがむ」ようで、レバー操作の邪魔になります

そこでバーエンドのボルトに共締めしようと考えたのですが
冬が終わればハンドルカバーは外す必要があるので
緩まない純正ボルトを再利用するのは問題ありとゆうことで

写真3
PCXバーエンド003
バーエンドのネジ穴はすり鉢状にくぼんでいる
ハンドルカバーをこのまま取り付けたのでは不安定
そこで、ゴムスペーサーと大口径ステンレスワッシャーを使うことにしました

1.固定ボルト=M6、クビ下50mm 純正が45mmですので5mm長くします
2.M6用外径13mm厚さ3mmのゴムスペーサー 片側だけで2枚重ね=6mm
(固定ボルトを5mm長くした理由)
3.M6用外径25mm厚さ2mmのステンレスワッシャー(ハンドルカバーの共締めに外側に使います)

仮組みしてボルトの突き出し長さなどを確認してから
半ネジロックを塗布して装着しました

写真4
PCXバーエンド004
完成図

取付の注意として
1.レバー操作に必要なスペースを確保するために、カバー全体が前に押し出されたような位置に取り付けます
2.カバーをバーエンドに固定することで、カバーの開口部も固定されます
ハンドルを握る腕はカバーの上方から突っ込むものなので、開口部が上になるようにしてください
写真ではカバーサイドの半分より下に固定しましたが、それでも開口部が低く
ハンドルを切ったときにカバーが腕にあたってしまいました

そのほかとして
ハンドルカバーの開口部の幅は、通常バーエンドの長さより長くできています(じゃないと入らない)
これをバーエンドに固定することで、距離が短くなる=開口部が丸く大きく開いた形になります
(楕円が真円になる)

安全性を最優先と考えるσ(゚∀゚)ワタシにとっては思わぬメリットでしたが
1ミリも風にあたりたくない、ハンドルカバーに内側には手首を覆う「もこもこ」が必須だ
という考えの方にはデメリットですね

ちなみに、このハンドルカバーは全体の形状がよくできているのか
開口部が大きくなっても風を巻き込むようなことはありませんでした

●おまけ
冬場は、シールドがちょっとしたことで曇ります
信号待ちのたびにシールドをあけることも必要になります
そして、発進すればシールドをおろします

このとき、左手は必ずハンドルカバーから出し入れします

大きなハンドルカバーはカッコ悪いから小さいハンドルカバーがいいというのは好みですが
青信号で発進し、シールドを下げるためにカバーから手を出した瞬間
先行車が急ブレーキをかけたとき、あなたはリアブレーキをかけられますか?

小さいハンドルカバーや、開口部に「もこもこ」がついているもので
直ちにリアブレキーレバーを握れますか?
このことを是非考えてみてください

( ̄ー ̄)/~~ジャ

関連記事
おもちゃ箱
Count from 2010/01/14:
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する