FC2ブログ

PCX150オイル交換3回目

  • 2019-09-04 19:41:54 (Wed)
  • カテゴリ:バイク
2018型PCX150(KF30)には、オイル交換メッセージ表示機能がある
先月、いつのまにやらメッセージが出ていたので、めんどくさいなぁと思いながらにも、自分でオイル交換をすることにした

今回の作業を終えての感想からいうと
PCX150って、ほんといじりがいがないバイクである
よく言えば、ノーメンテナンス、へそ曲がりが多いバイク好きにはお嬢様すぎな感じだ

おそらく、ホンダの設計、制作技術(製造はベトナムだったはず)がすぐれているからなせる業なんだろう
マニュアルに記載されているエンジオイルの交換サイクルは6,000キロ
そして、オイル交換メッセージ表示も初期値で6,000キロとなっている

つくりの荒いエンジンでは、これでは過走行ではと思われる距離だ
しかし、交換したエンジンオイルには、金属粉のたぐいがいっさいなかった
オイル自身はさすがに若干変質しており、ぱしゃぱしゃとした粘りの抜けた感じであった

写真1
PCX150オイル交換001
ドレンボルトの位置
案外マフラーに近いので、高温時の作業には要注意だね

PCX オイル交換 でネットを検索すると出てくるのが
「オイルを抜き切るために、サイドスタンドでオイルを抜き、またがってバイクを逆バンクさせる」
というのがある。

σ(゚∀゚)ワタシはそこまでこだわる必要はないと考えているが、ドレンボルトの位置を確認するには
サイドスタンドのほうが楽である
と言いつつ、位置だけ確認して、センタースタンドで作業を進めました

写真2
PCX150オイル交換002
本日の材料
フルードは、なぜか納車された時からリザーバーがMin以下だったから足し増しに!
ドレンワッシャーは結局交換しませんでした
というのも、写真1をよく見てください。純正ドレンワッシャーの厚みがなんと2.5mmもある
これだけ厚ければ、何回も使いまわしできそう(笑)

交換するオイルは、純正指定よりちょっとだけグレードアップ!
純正指定は ホンダ 純正 ウルトラE1だ
これで6,000キロはちょっとなぁ

写真3
PCX150オイル交換003
交換するオイルをオイルジョッキならぬ、100均の計量カップで計る
PCXにはオイルフィルターがない。かわりにストレーナーという金属メッシュの茶こしのようなものがある。
なので、「フィルター交換時はプラスアルファ」的なものがなく、目安は0.8リットル

オイル交換時は、全量を一気に投入するのではなく、写真のように0.7リットルを計量
投入しては、エンジンかけーの、やすませーの、オイル追加しーので調整する

写真4
PCX150オイル交換004
素直にオイルジョッキを買ったらええのに
ショップでエンジンオイルを買ったときに、当然に注ぎ口ももらってきたのだが、ぜんぜん長さがたりない
こんなこともあろうかと、100均じょうごくんの登場

実はこのじょうごくんと、計量カップは相性がよくて、じょうごを計量カップに入れてしまえるので場所を取らない
なので、オイルジョッキの購入は、当面ない(笑)

写真5
PCX150オイル交換005
初回のオイル交換が購入し1週間で1,000キロの慣らしを終えての交換
2回目はたしか、5.800キロほどのとき
そして3回目の今回が11,800キロ

左下に OIL CHANGE サインが出ています
マニュアルによると、エンジンオイルを交換した場合は、この表示をリセットすることとあります
方法は、SETボタンを押したままイグニッションをオン、3秒キープ、サインが消えるまで待つとのこと

写真6
PCX150オイル交換006
サインが消えました
このあと、マニュアルに従い、エンジンオイル交換時期サイン表示の初期値6,000キロを3,000キロに変更して作業終了


写真7
PCX150オイル交換007
翌日は通勤に使って、自宅に戻ったところで、オイル漏れがないかを確認
漏れなどもなく、確認終了です
しかし、本当に分厚いドレンワッシャーですね

〇まとめ
冒頭にも書きましたが、本当に手がかからない
オイル交換自身は非常に簡単で、短時間にできるものですので
マメに交換しても苦になりません

〇追加
写真にはありませんが、廃油パンを使っています
Addressの時に苦労したので購入しました
スクーターの場合、最低地上高が低い&センスタが邪魔になるので、廃油ボックスが収まらないんです
これは買っておいて損はないですよ

( ̄ー ̄)/~~ジャ
関連記事

PCX150(KF30)のリアタイヤ交換

  • 2019-08-11 12:56:24 (Sun)
  • カテゴリ:バイク
さて、前回は
PCX150(KF30)の燃費が33.7kmってなんなの?
http://hymandr1200st.blog.fc2.com/blog-entry-1236.html
にて
>次回は、PCX150 KF30用リアタイヤを交換したよをご報告します
としました

また、前回記事の本文にて
引用----------------
2018年式のPCX150からリアタイヤのサイズ変更があり
これに対応する国内タイヤは販売されていない

一応マニュアルで確認すると
リアタイヤは
IRC SCT-007とあるが、これはベトナム限定で、国内のIRCではあつかいがない

タイヤのサイズで検索すると
120/70-14になるが、ほとんど「フロント用」になる
※このことについては別記事で後日報告する
引用----------------
としたところです


前回記事でも書いたとおり
7,000キロでパンク
これをひっぱって10,000キロまで我慢しましたが、さすがに交換時期にきています

なぜ我慢したかと言えば
そう、このサイズで「リア用」と宣言されたものが見つからなかったから

SNS発達の弊害なのでしょうか
こうしたニッチな部分の情報が出てきません
普通なら、俺はこうやって交換した的なブログがヒットするはずなのに、ぜんぜん見つからない

それとも2018型PCX150に乗る人は、全くタイヤを交換しないのでしょうか(笑)


〇Amazoneでやっちまった
そんな中で、唯一つかんでいた国内で購入できる適合タイヤ
写真1・2
PCX150タイヤ交換01PCX150タイヤ交換02
ミシュラン City Grip Scooter 120/70-14 55P TL/TT REAR
チューブレスとチューブタイヤ兼用

他に選択肢もないので、これにしようと密林でクリック
すぐに納品されたのですが、都合により2週間放置

時間の都合がついたある日、バイク屋に持ち込み交換を依頼...
ちょっと待て!なんか違和感
品物をよく見たらDunlopの140/70/-14って、全然違うものじゃん

すぐに持ち帰り、注文履歴を確認すると
しっかり、自分で間違えてクリックしてた(汗)

品物を確認するのにポリ袋に少し穴をあけた程度だったので
早速返品の手配

返品理由を「間違って購入」送料負担は購入者として手配
指定のバーコードを印刷してゆうパック(1,400円ぐらいで)に貼り付けて発送
郵便局から帰宅したら、Amazoneギフトカードでの返金手続き完了のメールが来ていました

Amazoneって、返品した「もの」が届かなくても手続き先行するんだ
すげっ

〇買ったのはSHINKO SR616R
Amazoneでの失敗にビビってしばらく我慢してたら
新たな候補情報を入手
写真3
PCX150タイヤ交換03

SHINKO SR616R REAR TUBLESS

写真4
PCX150タイヤ交換04
タイヤに表示されたデータでは
120/70-14 MC 61P

最後の61Pは最高速レンジなのだが
明らかにオーバースペック
ただし、お値段6,200円でミシュランよりお値段お安め

タイヤのパターンは純正とミシュランの中間ぐらいかな

写真5
PCX150タイヤ交換05
純正の写真を撮り忘れたので、メーカーサイトの写真をのせておきます
IRC SCT-007

ミシュランのCity Grip Scooter 120/70-14 55P TL/TT REARが
かなり細かいパターンで、いかにも雨に強い的な雰囲気があるのに対し
純正はさっぱり系ですね


〇耐久性やいかに
「リア用」を明言していることにこだわった理由は耐久性とコントロール感です
荷重がかからないフロントタイヤは、耐久性より切れ込み重視だろうし
逆にリアは耐久性と変な切れ込みがないことが求められます

この点、前後兼用タイヤというものも存在しますが
あえてフロント用とあるものは、どうしても買いたくなかった

また、先のミシュランのものはチューブタイヤ兼用となっており
特に異論があるわけではありませんが、できれば今回購入したチューブレス専用がほしかった

さて、10インチタイヤのアドレスV125くん時代には、いろんなタイヤを試して
なんとか5,000キロもつIRC MB520に落ち着いたところですが
中には3,000キロも持たない国産スポーツタイヤなどもあり苦労しました

今回は純正タイヤで10,000キロ越えですので
交換工賃まで含めれば、はるかにコストパフォーマンスが上がりました

そして、今回初のリアタイヤ交換
1カ月ほどたちますが、特に違和感もなく上々です

気になる耐久性については、あと3か月もすれば結果が出るでしょう
その時はまた報告いたします
( ̄ー ̄)/~~ジャ

関連記事
おもちゃ箱
Count from 2010/01/14

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する